NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・プロフェッショナル・アナリスト 市川丈夫のBlog

【ヒューマンデザイン】火星・木星のコンジャンクション

Artist

今現在、火星と木星が同じ位置に滞在しています(占星学で言うところのコンジャンクション)。火星と木星は2年に一度、位置を同じくしますが、現在のように蠍座で同座するのは1982年以来ということで、はて、ヒューマンデザインのホロスコープ(マンダラ)で見ると、どの位置だろう?と思って確認してみました。

ヒューマンデザイン的には今現在、火星と木星「自分の創造性を表現する」という位置にあります。ここは、アーティストでもあり、クリエイターでもある位置で、創造性を表現することで、それを見ている観客にも『自分もあんな風に表現してみたい!』と喚起(インスパイア)する位置なのです。

さらにその「創造性」という位置を細かく見てみると、1月5日22:06に火星と木星はぴたりと「社会を惹きつける創造的エネルギー」という位置で重なりました。しかしアーティストにしろクリエイターにしろ、実は内気で、自分の変わった部分を表現するのが恥ずかしく感じることもあります。もし自分を表現して、周囲からなんやかんや言われたらどうしよう。あれこれ言われるぐらいだったら、自分を表現しなくてもいいや……と思う場合すらあります。しかしこの位置に火星が入ると、そういったネガティヴさは消え、周囲からの声に耐えられる力が備わり、創造的な作業に留まれると言われています。

さらに今日1月6日10:15に、火星は次の「自分の創造的な表現を、客観的に観察する」に移りました。面白いのは、動きの遅い木星もそのすぐ後、11:58にその位置に移って、さらにコンジャクションを続けていることです。ここは、夢中になって創造的作業に取り組むのではなく、一歩引いた目線で、自分の創造物を観察する位置です。しかしそこで、自分が表現したものに満足できず、自分自身に失望する場合もあります。そういった内気さや、自分を客観視し過ぎる部分があってこそ、真のアーティスト、真のクリエイターという感じでしょうか。

ちなみに僕自身は、火星・木星コンジャンクションした昨日から、ヒューマンデザインの英文テキストの翻訳を再開しております。これもまた創造的作業でしょうし、火星・木星の(ヒューマンデザイン的な)コンジャクションは、1月8日22:24までですから、この連休で、何かしら創造的作業に取り組むのも良いかもしれませんね。

 

・ヒューマンデザインの個人フルリーディング(120分 30000円)を受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.comへご連絡ください。