NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・システム プレアナリスト+LYDガイド 市川丈夫のBlog

【夢日記】2つの水晶、みんなの前で作業

f:id:crystal0207:20130223184746j:plain

2月3日の夢。僕は、以前勤めていた書店にいた。売り場に立っていると、大きな地震が来たらしく、お客さんたちが騒いでいる。でも僕はまったく揺れを感じていない。それでも一応、お客さんを屋内に避難させることになり、僕は先導役として、建物の外へ出た。そこからまた書店に戻ろうとすると、妙に歩きにくい、未舗装の小道に出た。あぜ道のような所も通って、電車に一駅乗って、また書店に戻ると、知り合いの女性がいる。その人も、僕も、小さな水晶のかけらを持っている。僕が持っている水晶は、2つに割れていて……目が覚めた。04:09。

夢の中の「本」は、人生の目的を意味します。「地震」は、日常の変化。人生の目的地にいるんだけど、何らかの変化でいったんそこを離れ、また戻ってくると。「水晶」は、エネルギーの宝庫を表すそうです。ヒューマンデザインでは『人はみな、2つに分かれた水晶を持っている。それが分離感を生み出している』としていますが、なんとなくそのことを言っていたような気がしますね。

f:id:crystal0207:20180204092329p:plain

そして昨夜2月4日の夢。僕は、いつものように自室のパソコンで翻訳作業をしていた。目の前の窓からは、隣家が見えるはずなのに、なぜか隣には、オープンテラス式のカフェだかレストランがある。と思っているうちに、その境界線が消えて無くなり、僕はオープンテラスで翻訳作業をしていた。周囲には、知り合いの人たちがいて、その人たちと話しながら、翻訳作業を進め……目が覚めた。06:15。

これは何でしょうね。一人で引き籠もっての作業から、みんなから見えるところでの作業に移り変わるってことですかね。あるいは、周囲の意見を取り入れる方向になるとか。基本的には、一人マイペースで作業する方が性に合ってるんですが……