NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・プロフェッショナル・アナリスト 市川丈夫のBlog

【夢日記】反面教師、アルバイト、クリーニング店と雨

Classroom.

2月26日の夢。僕は、見知らぬ教室を覗いていた。そこでは、キツい顔の女性教師が教壇に立っていたが、どうも宜しくないことを教えているらしい。僕は、その女に向かって『お前なんて辞めてしまえ!』と叫んだ。するとその女が、鬼のような形相で襲いかかってきたので、僕は持っていた刀でその女を斬り払った。するとシーンが切り変わり、僕は、いつの間にか書店で働いていた。目の前には、NGT48の中井りかさん似の女の子がいて、『もうすぐバイト終わりですね』と言う。06:43。

夢の中の「教室」は、人生の学びの場。「教師」は、進むべき道を教える人を意味しますが、今回のそれは反面教師ですかね。『もうすぐバイト終わり』と言われたってことは、夢の中の僕はアルバイトという設定で、僕自身も仕事面ではアルバイト状態ということですかね。正規の仕事が始まることを期待しましょう。

IMG_8234

そして昨夜の夢。僕は、クリーニング店にシャツを一枚持っていった。しかしレジの機械が壊れているらしく、シャツを預かるだけで、何やらご大層な書類にあれこれ記入することになった。ようやく書類を書き終え、クリーニング代を払って外に出ようとすると、雨が降り始めていた。どこからか『あと5分!あと5分!』と急き立てるような声が聞こえてきて……目が覚めた。03:13。

夢の中の「クリーニング=洗濯」は、何かを浄化すること。「雨」も、感情が成長するための浄化。それが『あと5分』で終わるなら、簡単なものですけどねえ。

ただ先日見た夢の『もうすぐ出港ですよ』とか、今日の『もうすぐバイト終わりですね』とか『あと5分!』とか、やけにこう、終わりと始まりを思わせるメッセージが続いているんですよね。多分4月24日の、自分の小惑星キロン・リターンに関係しているんだと思いますが、何が終わって、何が始まるんだか。

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)