NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・システム プレアナリスト+LYDガイド 市川丈夫のBlog

【ヒューマンデザイン】冥王星「野望」から「真実の音」へ

Listen the Silence

今日は、星占い的には水星が牡羊座に入りましたが、ヒューマンデザイン的には今夜23:44、冥王星がその位置を移動します。冥王星は、2015年あたりから山羊座「野望」という位置にあったのですが、次に入るのは「真実の音」という位置です。冥王星がこの位置に入るのは、約247年ぶりでしょうか(前回は1771年あたり?)。

「真実の音」とは、どこからか分かりませんが、頭の中に飛んでくるインスピレーションです。声かもしれませんし、音楽かもしれません。しかし音響的なインスピレーションを受け取るなら、静かにしている必要があります。頭の中で、ぐちゃぐちゃと考えている時に、答えは出てきませんし、悟ることも出来ません。しかし静寂の中、思考を停止したその隙間に、不意に下りてくるインスピレーションが「真実の音」なのです。

これは、思考的なプレッシャーでもあるので、『自分で真実を考えなければ』と思い悩む場合もあります。しかしそれでは「真実の音」は下りて来ず、ただ妄想や錯乱に陥るとも言われています。特に冥王星からの影響は、最終的にネガティヴになるとも言われているので、あまり考えすぎない方が良い時期かもしれません。

さらに今夜、冥王星がまず最初に入るのは、「真実の音」の中でも「オカルト知識」と呼ばれる位置です。これは「オカルト知識」を知ろうとする力ですので、もしかするとヒューマンデザインのような知識に入門する人も増えるかもしれません。しかし「オカルト知識」を理解しなければ!というプレッシャーにもなるので、ご注意を。

冥王星は、4月23日から逆行し、この「真実の音」に6月11日02:20まで滞在します。その後、また「野望」に戻り、2018年いっぱいは「野望」に留まります。また「真実の音」に戻ってくるのは、来年2019年1月6日00:58です。そこから2019年はほとんど(逆行時の9月~10月以外)冥王星「真実の音」期となります。つまり今夜から6月11日までは、2019年の冥王星「真実の音」期、本番の予告編という感じでしょうか。

冥王星は、動きの遅い星ですから、その影響力をじっくり長期間にわたって下ろしてきます。それだけに影響も大きいとは思うのですが、それがどのように作用するか、明日からまた観察ですねえ。

 

・ヒューマンデザインの個人フルリーディング(120分 30000円)を受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.comへご連絡ください。