NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・プロフェッショナル・アナリスト 市川丈夫のBlog

【夢日記】圧倒的混乱、すべり台、乳母車、政治集会

confusion

4月2日。30分ほど、うとうとと昼寝をしていた時に見た夢。僕は、以前勤めていた書店で、誰かと立ち話をしていた。そこへ上司が通りかかり、『もう圧倒的な混乱が始まっているからな』と言い残して去って行った。その一言にビクッとして、目が覚めた。14:04。「圧倒的な混乱」ってなんだろう……

Slide

そして昨夜の夢。僕は、友人たちと、駅のホームへ向かう下りエスカレーターに乗っていた。ホームまではかなり長い距離があるが、もうホームには電車が来ていた。友人はあわててエスカレーターを駆け下り、僕もそれに従ったが、内心『そんなに急がなくてもいいよ。次の電車に乗ればいいじゃない』と思っていた。

ところがそのエスカレーターが、途中からすべり台に変わった。前方には、赤ちゃんが乗っている乳母車もすべり台を下りていて、さらにその先には母親らしい女性もすべっている。僕は『おいおい赤ちゃんを放置するなよ、危ないなあ』と思いつつ、なんとかその乳母車を手でつかんで制動をかけ、無事、すべり台の下へ着地した。

しかし母親は、僕に感謝するでもなく、すべり台を下りるとすたすた歩き出し、その先で行われていた、女性ばかりの政治集会?に参加していった。僕は、その参加者の一人をつかまえ、少々ムッとしながら『あの母親、なんて名前ですか』と問いただしたが、相手も答えてはくれなかった。その政治集会には、髪の毛を紫色に染めた老婦人がいて……というあたりで目が覚めた。01:59。 

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

 

夢の中の「駅」は、仕事上のキャリアチャンスをつかまえる場所。ただし「下りエスカレーター」は、間違った方向へ急速に落ち込むことなので、やはり夢の中で感じたのと同様、『あわてなくていい』『次のチャンスに乗ればいい』のでしょう。「すべり落ちる」も、間違った方向に進むこと。「乳母車=赤ちゃん」と考えるなら、自分の新しい側面、新たな始まりを意味するので、間違った方向にスタートを切るなということでしょうか。ネガティヴな意味の「母親」は、女性的な憎しみや怒りを表します。間違った方向に進めば、そういったものと出会ったり、政治的なトラブルに巻き込まれるのかもしれません。とりあえず、チャンスに乗るのはキロンリターン(4月27日)以降として、しばらくはのんびりした方が良さそうですねえ。