NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・プロフェッショナル・アナリスト 市川丈夫のBlog

【日常】無邪気に踏み込んでみる

f:id:crystal0207:20130917223406j:plain

夏の仕事は一段落したものの、疲れがまだ身体に残っていたので、クリスタルガーデン目白で、はまだなみさんのセッションを受けてきました。5ヶ月ぶり、3回目。ここぞと云う時の切り札的癒し。さすがに身体も頭も固くなっていたらしく、2時間たっぷり、ほぐしていただきました。あと、足首を柔らかくしておくと頭も柔らかくなる、とのアドバイスも。

そして僕自身の内的変化についても、いろいろと。以前の僕は、「歩く遠慮」のように存在感を消していたそうですが、今では男性性がしっかりと現れているとのこと。ただそのために、男性的なエゴやプライドも現れており、それを他人に拒否された時の怒りが身体に残ってしまっている……とのこと。その拒否感からか、相手にもう一歩踏み出せない重さを感じさせるとか。こういった場合、拒否感から怒りを覚え、その人から離れてしまうのではなく、むしろその拒否をキッカケとして、相手に踏み込んでいくのが良いらしく。踏み込んで嫌われたらどうしよう……と頭で考えるよりも、踏み込んで相手の反応を楽しむぐらいの無邪気な気持ちもあっていいと。あまり頭で策を弄さず、自然体で接するのが一番よい、と云うご意見も。自分は考えるのが好きなため、無垢な気持ちで接するのが苦手なのかもしれませんね。