NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・プロフェッショナル・アナリスト 市川丈夫のBlog

松村潔「決定版 サビアン占星術」

ようやく仕事が終わって、9日ぶりに外出。ぶらり神保町の古本まつりに行ってみましたが、あいにく小雨のため、露天ブースにはビニールシートがかけられ、あまり見れず。それでも占い専門古書店原書房さんに入ってみたら、以前から探していた松村潔氏の「決定版 サビア占星術」(絶版)があり、プレミア価格にもかかわらず、自分へのご褒美的な勢いで買ってしまいました。

決定版!!サビアン占星術 (エルブックスシリーズ)

決定版!!サビアン占星術 (エルブックスシリーズ)

 
愛蔵版 サビアン占星術 (エルブックス・シリーズ)

愛蔵版 サビアン占星術 (エルブックス・シリーズ)

 

(2016年11月に復刊)

サビア占星術とは、ホロスコープを360分割し、その1度ごとに散文的なシンボルを持たせたもの。約770ページの大著は、「決定版」の名にふさわしい内容で、単に自分が生まれた度数のサビアンシンボルを見るだけでなく、5度ずつまとめられたグループの意味、180度反対側の「鏡の関係」の度数など、様々な角度から、サビア占星術の構造を読み解いた一冊になっています。

自分が生まれた水瓶座19度のサビアンシンボルは「消し止められた山火事」。どう延焼するか判らない山火事を消火するように、何か事件が起きるたびに、その都度、臨機応変に対処すると云うもの。

これに「鏡の関係」の獅子座19度「ハウスボートパーティー」や、水瓶座第4グループ(16~20度)の、獅子座の力を発揮して、それに対処し、エゴに拠らない、進化した獅子座の力を身につける……と云う意味合いを読むと、なんだか自分が苦手であり、かつ欲しているものが見えてきたような。またアセンダントの獅子座11度は「大きな樫の木にあるブランコに乗る子供たち」で、創造的なアイデアを練り、子供のように遊びに熱中することだとか。(子供の自我)

MC(天頂)の牡牛座3度は「クローバーが咲いている芝地に足を踏み入れる」で、自分にふさわしい生き方に、自然に入っていけるとのこと。(大人の自我)

さらに、生まれた時の月は天秤座15度「環状の道」、水星は水瓶座1度「古いレンガ作りの伝道所」、金星は牡羊座5度「羽のある三角」、木星は天秤座6度「男の理想が多くの結晶に変わる」、土星牡羊座21度「リングに上がる拳闘士」、天王星は天秤座4度「キャンプファイヤーを囲むグループ」、海王星蠍座29度「酋長に自分の子の命乞いをするネイティヴ・アメリカンの女性」、冥王星は乙女座25度「半旗として掲げられた旗」と云った、星ごとのサビアンシンボルを見て、そのアスペクトまで見ていくのですが、とりあえず今夜は、このあたりで……。この深遠かつ曖昧さが、僕好みです。

未来事典―3年後の私がわかるサビアン占星術

未来事典―3年後の私がわかるサビアン占星術

 
サビアンで読み解く運命事典 (ブルームブックス)

サビアンで読み解く運命事典 (ブルームブックス)