NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・プロフェッショナル・アナリスト 市川丈夫のBlog

シェリル・サンドバーグ「LEAN IN 女性、仕事、リーダーへの意欲」

LEAN IN(リーン・イン) 女性、仕事、リーダーへの意欲
 

Facebook最高執行責任者(COO)シェリル・サンドバーグの「LEAN IN」を読了しました。著者の経歴を見ると、ハーバード大学を卒業後、Googleマッキンゼー、世界銀行を渡り歩いた末、Facebookに入って二人の子供を育て……と絵に描いたようなスーパーママぶり。その著者が世の女性に対し、勇気をもって「一歩踏み出す(Lean In)」ことを説き、さらなる女性の社会進出を促す内容になっています。

もっとも「それはエリートであるあなただから踏み出せるんだよ」と云う趣旨の反論もあり、著者に対してそう言いたくなる気持ちもわかります。そもそも勇気を持って自分を打ち出す力も人間の個性のひとつであり、それを強く持つ方、あまり持っていない方がいる以上、万人が著者のように振る舞えるはずもないでしょう。

とは云え著者も、仕事と育児のバランスを取ることには苦心されたようで、育児休暇中もびっちり仕事をしてしまった自身の失敗談も交え、働く女性が陥りがちな不健康面も見せています。また「上を目指す女性に立ちはだかる、すでに上にいる女性」と云う、女性の邪魔をする女性の存在にも触れているあたり、自戒の意識もあるのかなと。

これまで僕がヒューマンデザインでリーディングした方は女性が多いのですが、単なる恋愛相談に来られた方は皆無です。皆さんパートナーとより良い関係を結びたいとは思っていますが、それと同じくらい、どんな仕事が自分に向いているか、どんな仕事なら自分の個性が活かせるかについて知りたがっている方ばかりでした。勿論そこには仕事と家庭の両立、会社での働き方、昇進した後どうやってリーダーシップを発揮すべきか、などと云うこの本の著者が直面したような問題があり、そういった悩みを抱える方にも有用な一冊だと感じました。

学歴や収入は勿論、人種や国籍などの違いはあっても、みんな意外と同じようなことで悩んでいる……と理解するのは有用だと思うのです、いろいろな意味で。

 

・就職や転職の前にヒューマンデザインの個人分析・基礎講座を受けてみませんか?

 ご興味があれば是非 takeo.ichikawa@gmail.com へご連絡ください。