NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・プロフェッショナル・アナリスト 市川丈夫のBlog

【ヒューマンデザイン】屋根の上から下りた日

f:id:crystal0207:20141024150515j:plain

今日は午後から打ち合わせ。実際には「企画を手放した」日でした。今までは、どうにか進めようとしたのですが、ちょっとこれ無理ですと。いったん塩漬けにする形で時間をくださいとお願いしてきました。

そろそろ自分にとって節目の日も近いのです。ヒューマンデザインでは、人間にはいくつかの転換期があるとしていますが、ちょうど50歳前後を中心とする転換期が、僕の場合、ここ数日から始まるのです。例えるなら、今までは屋根の上から世の中を見ていたけれど、屋根を下りて社会の第一線に出て行くのだとか。

そんな日にひとつの仕事を終わらせる決断をしたのも、何か意味があるのでしょう。50歳の転換期に向かう前には、いらないモノを振るい落としていく必要があるとも言われています。もしかしたら今日の決断も、そのひとつだったのかもしれません。

もろもろ終わった後は九段下まで歩き、靖国神社の鳥居を一枚。そのまま神保町まで歩いて古書店街をぶらぶら。恒例・秋の古本まつりは明日からだそうです……