NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・プロフェッショナル・アナリスト 市川丈夫のBlog

【夢日記】正しい列車に乗り、古いCDを処分する

http://www.flickr.com/photos/10110263@N03/4610991860

昨夜の夢。僕は友人たちと電車で旅行に行く設定だった。出発時刻の?時39分までまだ時間があったので、僕はいったん駅から出て近くのコンビニに行き、お弁当や食後のスイーツ等を購入した。しかし精算を済ませて時計を見ると、もう出発時刻の?時39分ではないか!あわてて店を出ると、もう乗るはずの列車が駅に向かって走っている。僕も線路沿いに必死に走り、トンネルや踏切を越えて駅に急行した。すると発車のベルが鳴っていたので、僕は駅員さんに向かって「待ってくださーい!」と叫び……目が覚めた。03:12。

100の夢事典

100の夢事典

 

結構、切迫した夢でしたが「列車に乗り遅れまいとしている」夢は、仕事上の進路について考えているのだそうです。列車は、決まった時間に発車するため、乗り遅れてはいけません。つまりタイミングが重要。同様に仕事も、妙なタイミングで始めてしまうと、間違った仕事に乗ってしまったり、 あまりうまくいかないものです。こういう場合は変に焦らず、正しい仕事が駅に到着するまで待つことも必要……ってことですかね。

出発時刻の「39」を数秘的に分析すると、3+9=12=1+2=「3」で、魂・身体・精神の三位一体の調和を意味する数字となります。やはりタイミングとの調和が大事だったり、内なる自分で調和を見極めることが大切なのかなと。

で、この夢がかなり強烈だったため、04:00過ぎまで眠れず。ようやく眠りに落ちた後、また夢を見ました。

http://www.flickr.com/photos/52678969@N05/5604587723

夢の中、僕は何かの勉強会に出席していた。初参加ではなく、今まで何度か参加していたらしい。会場にはいくつも机があり、僕はそのひとつに荷物を置いて席を確保した。ところがそのうち誰かが「そこは私の席だ」と言い始め、仕方なく僕は別の席に移ろうとした。しかしいつの間にか受講者が増えていて(たぶん17~18人)、空いている席がなかなか見つからない。

ようやく教室の隅の席を確保すると、先生役の男性(リアルな知り合い)が楽しげに「とうとうCD2000枚整理しましたよ」と言う。よく分からないまま席に着き、勉強ノート等を机に出すと、周囲の仲間たちがそれを見せてくれと言い出した。

そのうち教室の天井近くに据えられた大型モニターに、自分を含めた参加者たちがお寺の山門をくぐるような映像が映し出された。どうやら勉強を始める前に、そういった入門儀式が必要らしい。まだくぐっていない人たちは、山門がある方向へ歩き出し……目が覚めた。05:46。

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

 

まず「教室=学校」は、人生を学ぶ場。「先生」も人生を教えてくれる教師ですが、その人物が整理した「CD=レコード」は、昔と同じことを繰り返す古いプログラムなんだそうです。つまりまったく進歩していない考え方ややり方ですかね。それを整理したってことは、古いやり方を捨てたということなんでしょうか。先生は妙に嬉しそうで、誇らしげだったし、なんだかスッキリした感じも受けました。リアル知り合いも、そんな状態になってくれていれば良いなあと。

「モニター=テレビ」は、自分の人生を見る方法。そこに自分含めて儀式参入者が映し出されたってことは、自分もなにかの入門儀式(イニシエーション)を終えたのかもしれません。後半の夢解釈は深いなあ……

ちょうど明日は双子座の満月ですが、そういった時に強烈な夢を見たのも何か関係があるのやら無いのやら。たぶんまた夢をよく見る時期に入ったと思います。もしかしたら正夢になるかも……と思うフシもあるので要経過観察ですねえ。

Flicker Photo by np&djjewell

Flicker Photo by cayoup