NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・プロフェッショナル・アナリスト 市川丈夫のBlog

【ヒューマンデザイン】水瓶座日食:運命の女神に任せる

IMG_6467DB Eustache Lesueur 1626-1656 Paris Clio, Euterpe et Thalie 1655 Louvre.

明日2月16日06:05、水瓶座の日食となります。今回の日食を、ヒューマンデザインのホロスコープで見ると「情熱の炎」という位置になります。燃え盛る感情の波は、常に変化していたいものです。悲しいことがあったら、次は喜びたいし、喜んでばかりいても、つまらなくなる。ただしその変化=運命は、コントロールできません。それでも、いつか必ず変化がやって来る、いつか必ず運命が変わるはずだ、と悟る位置なのです。

特に今回の位置を細かく見ると「運命と感情をコントロールすることをあきらめる」になります。これはもう宿命だろうが、カルマだろうが、それをコントロールせず、あるがままの運命と感情を受け入れる位置です。それによって感情がアップするかダウンするか、どちらに転ぶかは分かりません。それでも運命の女神にすべてを任せるのです。

ちなみに水星もこの「情熱の炎」にありますが、細かく見ると日食の位置とは異なり、「極端に感情を発散しても、エネルギーをムダ遣いしない」になります。運命の女神にすべてをゆだねた結果、嬉し過ぎることがあっても、悲し過ぎることがあっても、そこから生じたエネルギーをちゃんと使う位置ですね。または、悲しみのネガティヴなエネルギーが生じても、生産的に使えばそれで良いじゃないかという、プラグマティズム(実用主義)的な位置でもあります。

まあ、僕自身、水瓶座生まれなので、この日食からの影響は大きいかもしれませんが、今のところ運命の女神に感情を揺さぶられるようなことは、起きていません。その変化があるのも、明日の日食以降ですかね……

 

・ヒューマンデザインの個人フルリーディング(120分 30000円)を受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.comへご連絡ください。