NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・プロフェッショナル・アナリスト 市川丈夫のBlog

【ヒューマンデザイン】天王星「増益」から「産みの苦しみ」へ

Sadness

3月6日に冥王星「真実の声」に入り、3月9日から木星が逆行を始め、さらに本日3月11日05:15に天王星もその位置を変えました。2011年の東日本大震災は、天王星牡羊座入りと同時でしたが、あれから7年かけて天王星牡羊座を横断し、牡牛座との境界に跨がるゲートに入ったわけです。

天王星は、社会的な成長を意味する「増益」にありましたが、今日から7月1日まで、個人の突然変異を促す「産みの苦しみ」に入ります。突然変異には、ある種の順序(秩序)があります。それは『突然変異が起きる前には、必ず産みの苦しみを通らなければならない』ということです。突然変異は、いつ起きるか分かりません。まだかな、まだかな、早く突然変異が起きないかな、新しいことが始まらないかな……と思っても、なかなか起きてくれません。起きるまでは、今までと同じつまらない日常が続き、あーあ、何にも面白いことがないや……と悲しくなるほどです。しかしそれが「産みの苦しみ」であり、そういったもどかしさを通過しないと、新しいことは生まれないのです。

そのもどかしさは、どうにも出来ませんが、超越することは出来ると言われています。それは『突然変異とは自分ではどうすることも出来ない』という制限を受け入れることです。起きる時は勝手に起きる。そう思って自分のことに取り組み、そのもどかしさを忘れたふとした瞬間に、パルス(脈動)のように突然変異が起きる。しかし自分の状況が変わらない(突然変異しない)のを、誰かのせいにしたり、社会や政治のせいにすると、不健康な憂鬱に陥るので、ご注意を。

ちなみに僕自身、「産みの苦しみ」が活性化されたことで、自分の中にも、突然変異の力が生じています。これは4月24日の小惑星キロンリターンのテーマでもありますが、早くも前倒しで下りて来た感じです。もっとも早く来たからと言って、今すぐ起きるわけでも無く、ここから7月1日までは、僕自身が悲しくなり、憂鬱になりがちな時期だとも言えます。もちろんキロンリターンになったら、どうなるんだろう?という期待もありますが、実際そこを越えても何も起こらず、『あれっ、おかしいな、何か起きてくれないかな』と「産みの苦しみ」を感じるかもしれませんね。

とりあえず、あまり突然変異は意識せず、いつも通り作業を続けたいと思います……

 

・ヒューマンデザインの個人フルリーディング(120分 30000円)を受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.comへご連絡ください。