NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・プロフェッショナル・アナリスト 市川丈夫のBlog

【夢日記】袋の中のネコ

Close Cat

昨夜10月12日の夢。僕は、見知らぬ人たちと、見知らぬ建物の中にいた。他の人たちは、上の階に行こうとして階段に向かったが、僕は狭いエレベーターに一人で乗った。上の階に着くと、僕は手に持っていた猫のエサのパック袋を開けた。そしてそこから出したエサを、床に落ちていたお菓子の袋の中に入れた。心の中で『たしかこの袋の中にネコがいるはずだよな』と思いながら、その袋をつまみ上げ、中を覗いてみると、たしかに茶褐色のネコが、仏頂面で、袋の中でじっとしている。放り込まれるエサを食べもせず、ただ、じっと。僕は『あれ、このネコ元気がないなあ。もしかして死んでいるのか?』と思ったあたりで目が覚めた。00:37。 

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

 

夢の中で「エレベーターで上がる」は、正しい方向に進むことを意味します。「ネコ」は、自分の中の女性的な資質。「袋」は、隠すことを意味するので、自分の女性性を隠していたり、自分の女性性に元気が無いから栄養をつけてやれという意味でしょうか。 ここで言う女性性とは、直観や感覚的な部分を意味するので、あれこれ理屈で考えるより、自分の気持ちを尊重することが正しいということなんでしょうね。あるいは、自分が正しい方向に進むと、女性性=感情や気分が落ちている人に対して、栄養をやるようなことになるとか……