NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・プロフェッショナル・アナリスト 市川丈夫のBlog

【ヒューマンデザイン】海岸向きの人たち

f:id:crystal0207:20181014173842j:image

今日は午後から成田山へ散歩に。お正月に来て以来ですかね。お詣りした後は、参道で羊羹とおせんべいを買って帰宅しました。

まあ、いつものように京成線に乗って成田を往復したわけですが、車窓から沿線を眺めていると、佐倉あたりから急に緑が多くなり、田んぼも広がってきます。また、大きな河川を渡ると、一気に景色が変わってくる地域もあります。

以前このBlogで「都会向きの人たち」という記事を書きましたが、そのように市街地と農業地帯や、川岸など、ある種の「境界線」が眺められる場所に向いている人というのも、ヒューマンデザインの分析では存在します。最近、そのような「境界線」向きの方をリーディングすることが続いたので、今日はそのお話など。 

f:id:crystal0207:20150423145405j:plain

一番分かりやすい「境界線」は、海岸です。海と陸の境界線ですね。海岸向きの人たちは、向こう側の景色が見たいのです。自分は今、海岸に存在しているけれど、海の向こうにも何かがある……という眺めが必要な人なのです。

この境界線は、川岸でもあり、湖岸でもあり、街と郊外の境でもあります。そしてある意味、国境線や、人種や宗教の境界線でもあると言われています。そのような境目に存在し、超越したものの見方が向いている人たちというのが存在するのです。 

f:id:crystal0207:20150423145650j:plain

またこの境界線の人たちには、「自然の境界線」「人工の境界線」の2パターンが存在します。たとえば海岸にしても、自然のビーチなのか、人工の湾岸都市なのかに分かれるのです。もしあなたが、自然にしろ人工にしろ『海岸にいると落ち着く』『海岸が一番好き』と仰るなら、もしかすると「境界線」の人なのかもしれません。

ちなみに僕が知っている「自然の境界線」の人たちは、たしかにリゾートビーチが似合う人が多いですね。東京のど真ん中なのに、まるで真夏の海岸にいるような、サングラスとリゾートファッションだったりします。

また「人工の境界線」の人たちは、都心からちょっと離れた郊外に住んでいる方が多かったです。ちょっと先に都会があり、ちょっと先に自然があるような地域ですね。まあ、一番向いているのは、横浜とか浦安のようなベイエリアなのでしょうが。

もしこの記事をお読みになって『もしかして自分も海岸向きかも?』と思った方は、試しに自然か人工の海岸に行って、その景色を眺めたり、しばらくその海岸で過ごしてみてください。そこで気持ちがリフレッシュされたり、なにか良いことがあったなら、多分あなたも、海岸向きの人ですよ。

 

・ヒューマンデザインの個人フルリーディングを受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.comへご連絡ください。