NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・プロフェッショナル・アナリスト 市川丈夫のBlog

【夢日記】割れた風船、空を飛ぶモノ

red baloon.

10月20日夜の夢。僕は、以前勤めていた書店で働いていた。なぜか上司に『あれはダメ、これもダメ』と言われ続け、ああもうやってらんねーわー、辞めてやる!と叫ぶとシーンが切り替わった。今度は、電車の中にいて、近くで風船が割れた。06:07。

夢の中の「書店=本」は、人生の目的。そこに制限がかかる。「電車」は、仕事上のキャリアチャンス。「風船が割れる」は、幻想や妄想が壊れること。まあ、あまり高望みせず、現実的にいけってことですかね。

Miniature landspeeder

10月21日夜の夢。空を見上げると、映画「スターウォーズ」のランドスピーダーに似た、エンジンもプロペラも無しに、空を飛ぶ乗り物が浮かんでいた。それに乗っている人は、どうやら眼下の景色をビデオカメラで撮影しているらしい。あんなものが本当にあるんだなあと思ううち目が覚めた。05:37。

飛行機やヘリコプターなど「空を飛ぶ乗り物」は、魂の覚醒や上昇を意味するそうです。「ビデオカメラ」は、人生を撮影するもの。高い位置から、実在しない乗り物のように、現実を超越した視点をもって、客観的に人生を眺めなさいということですかね。

10月22日夜も、空を見上げる夢だった。空には、飛行機が4~5機、編隊を組んで飛んでいた。何か事件が起きているらしいが、高台に上がって向こうを見ても、何が起きているかは分からない。そのうち、近くにいた人が『✕✕さんが死んだよ』と言う。僕は『ああいう人は、もう代わりがいないよね』と答えた。00:59。

どこか自分の知らないところで、誰かが(肉体的にか精神的に)亡くなったのでしょうか。それを埋め合わせられる人はいないような存在の人が…… 

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)