NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・プロフェッショナル・アナリスト 市川丈夫のBlog

【ヒューマンデザイン】横浜LYD・第1回「プロジェクターは身をゆだねる」

f:id:crystal0207:20181202180358j:image

今日から3回にわたって、横浜にてマンツーマンで基礎講座LYD(Living Your Design)をお伝えすることになりました。自分としては、もうアナリストになったことだし、フルリーディングを主体にして、LYDはLYDガイドの皆さんにお任せし、積極的に開催するつもりもなかったのですが、リクエストを頂戴したので、1年半ぶりの開講となりました。LYDだと、お伝え出来る情報の範囲が限られているので、ややもどかしい部分もありますが、たまに基本に戻ってお伝えするのも、自分の勉強になりますしね。

で、第1回の今日は、ヒューマンデザイン全般のお話と、4つのタイプについてお伝えしてきました。今回の受講者さんは、プロジェクターさんなのですが、その大テーマと言えば「身をゆだねる(Surrender)」です。この言葉、「手放す」「あきらめる」とも訳されますが、言うなれば『どうこうしようとするな』なのです。プロジェクターは、相手個人のオーラを読み取り、導く能力があります。自分らしく権威と行動指針(ストラテジー)を活かせば、おのずと相手からガイド役として認められ、招待してもらえるはずですが、そのメカニズムに身をゆだねず、自分から導いてしまう場合があります。

もちろん、招待を待たずに誰かにアドバイスしても、その言葉は受け容れてもらえず、苦味を味わうだけですし、そのことは今回の受講者さんも重々ご承知でした。『あと1分待てば、招待してもらえたのに、その1分が待てなかった』というご経験もされていたので、それを学びとして、権威と行動指針(ストラテジー)を実践したり、体得していただければなと思います。

ちなみに今日のLYD後には、神奈川ご在住のアソシエイト、豊川真規子さん(ジェネレイター)にもおいでいただき、お茶などしながら、僕とはまた違った視点でのお話や、ご経験も語っていただきました。ヒューマンデザインの語り口も人それぞれですから、いろいろな方からリーディングやLYDを受けると、また理解も深まるかと思います。

 

・ヒューマンデザインの基礎講座LYDを受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.comへご連絡ください。