NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・プロフェッショナル・アナリスト 市川丈夫のBlog

【夢日記】準備ができていなくても本番がやって来る

Bell System Telephone

約1ヶ月ぶりの夢日記。昨夜は、風邪気味だったので22時頃に就寝。すると、どこかのアパートに住んでいる夢を見た。その室内は、だいたい片付いていたものの、まだ不要品やゴミが少し積み上げられていた。ああ、これも掃除しなきゃなあ……と思いながら、僕は、見知らぬ女性2人と談笑していた。すると部屋の電話が鳴り出し、出てみると、やはり女性の声で『22時に予約した者です。もう部屋の外まで来てますので、今から行きます』と言う。僕は、いやいや、こんな時間に予約したっけ?リーディングのお客さん?だとしたら準備してないぞ?とあわて始めたあたりで目が覚めた。23:54。 

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

 

「誰かから電話がかかってくる」夢は、導きからの伝言であり、重要なメッセージだそうです。実際、かなりドキッとして夢から醒めました。準備が出来ていないのに、何らかの本番がやって来るという感じでしょうか。ある意味「残っていたゴミ」=「落ちきっていない条件付け」ような気もしますし、条件付けを落とす7年間が終わらないうちに、何かが始まるのかもしれませんね。