NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・プロフェッショナル・アナリスト 市川丈夫のBlog

【ヒューマンデザイン】獅子座月食:放浪を終え、突発的に、予想外の場所に着地する

Storytelling

明日1月21日14:16に獅子座月食(満月)。今回の月食の位置を、ヒューマンデザインのホロスコープで見ると「刺激的なアイデアや思想や物語を語って、相手を惹きつける」「つまらないアイデアや思想や物語で相手を惹きつければ、結果的には自滅する」です。基本的にここは、頭で考えたアイデアや思想や、人生哲学を語るストーリーテラー(語り部)的な位置です。周囲から見ると『この人は、刺激的なアイデアを持っている』『この人は、刺激的な思想家だ』と思われたり、『この人は、人生哲学を知っている』『この人は、過去の人生を語れる人だ』と思われる位置なのです。

ただしその人が、本当に刺激的なアイデアや思想や哲学を持っているとは限りません。彼らは、自分を魅力的に見せるために、話を盛るクセがあり、刺激的に見える話で相手を引き寄せているのです。実際、その人の話がつまらなければ、相手はがっかりし、その人自身も自滅につながる……という位置なのです。

ですので、この獅子座月食のテーマは『ウマい話にはご用心』『話を盛りすぎるのは注意』ということですかね。

天王星とサウスノードも、引き続き「火山の噴火的な突然変異エネルギー」を下ろしています。そして今回の月食は、このノード軸とほぼ同じ位置で起こります。すでにノースノード(ドラゴンヘッド)は、昨年2018年10月21日から「刺激的なアイデアや思想や物語を語る」にあります。当日の日記に書きましたが、このノースノードは(特に42歳以上の人に)「絶え間なく放浪する」環境を生み出しています。つまり人生後半にある人たちは、昨年10月末から、短期のアルバイト的な活動でも良いから、絶え間なく放浪して刺激を受けるような環境にいたわけです。それがこの月食(満月)で満ち、ひとつの到達点にたどり着くというイメージでしょうか。 

ちなみにこの「絶え間なく放浪する」環境は、2月20日17:08まで続きます。この日はちょうど、次の乙女座満月の日(2月20日00:54)なんですな。ですので、今日から2月20日までが「絶え間なく放浪する」環境の着地時期と言えるでしょう。特に(僕自身もそうですが)42歳以上の方は、天王星の突然変異的な影響も受けて、突発的に、予想外のどこかに腰を落ち着ける1ヶ月の始まりかもしれませんね。

 

・ヒューマンデザインの個人フルリーディングを受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.comへご連絡ください。