NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・プロフェッショナル・アナリスト 市川丈夫のBlog

【ヒューマンデザイン】Rave New Year 2019

Sunrise

本日1月22日17:11、ヒューマンデザインのホロスコープ上で、太陽が1年ぶりに「始まり」の位置に入ります。ヒューマンデザインでは、この日を毎年「Rave New Year」と呼んでいます。ある意味、今日がヒューマンデザイン的な元旦で、今日の星の位置から、この一年が読み解けるとも言われています。 

さて2019年を見る前に、まずは2018年の予測を振り返ってみましょう。昨年のRave New Year日記では『マトモなリーダーはどこにもいないのか?という悲観的な闇スタートになる』『専門性を維持することで、突破口が開ける』『それを守らなかった場合、土星から「口先だけの偽善者」と罰せられる』『正しい技能も無いのに、自信過剰になると、安全性が失われる』『衰退しつつある人間関係を、修正できず、維持するだけで手一杯』と書きましたが、実際、自分の周囲では、マトモではないリーダーや、口先だけの偽善者や、技能も無いのに自信過剰な人や、どうしようもない人間関係を維持している人が現れましたね。どうしてこうネガティヴな予測ばかり当たるのか……(^_^;) それでも自分は、どうにか専門的な研究を続けてきたかと思います。とりあえず口先だけの偽善者として罵られることはなかったかなと。

f:id:crystal0207:20190122153105j:plain

さて2019年の予測としては、昨年に引き続き、論理的なリーダーシップがテーマとなっています。昨年と同じく、地球は「闇の中でのみ具現化されるリーダーシップ」にあり、引き続きネガティヴな指導力が発揮されるでしょう。それと手を結ぶ月は「社会を調和させる忠誠心を惹きつける将軍」か、あるいは「孤立したまま、いかなる犠牲を払おうとも勝利に固執する将軍」にあります。つまり暗黒のリーダーに対して、救世主的な将軍が現れて問題を解決するか、それとも暗黒のリーダーがさらに孤立し、それでも必死に勝利に取り憑かれるか、ということですね。いや救世主として立ち上がった将軍が、勝利に取り憑かれることもあるか。ああ、恐ろしい。

2019年の、もうひとつの大きなテーマは「火山の噴火的な突然変異エネルギー」です。この影響は、昨年から天王星とノースノードの組み合わせによって続いていますが、面白いのは、今日17:11の時点では、さらに水星もノースノードに重なっていることです。しかも水星が入ったことにより「突然変異がなかなか起きず、イライラして落ち着きがなくなる」に偏ってしまいます。暗黒のリーダーがのさばるものの、なかなかその状況が好転せず、イライラする……なんてこともあるでしょうね。

このイライラを解くヒントは、木星「究極の悟りとして、流れの中で静寂を保ち、自分の居場所を見いだす」です。イライラしても、状況に乱されず、いつもの自分のリズムを維持することが大切と。そうしないと土星によって「1人で頑固に耐え抜くエネルギー」が得られないと出ています。また火星は「混沌とした状況が拡大する中で、勝てるはずだという希望を持ち、消耗戦に突入する」にあります。これも暗黒のリーダーなり、それにイライラする人が陥りがちなところなので、注意しましょう。

とまあ、ここまで「将軍」だの「噴火」だの「消耗戦」だのと、物騒な言葉が並びましたが、一番遠い冥王星「神秘的なオカルト知識を知ろうとする」にあります。俗世間でのリーダーシップを巡る争いから離れ、このヒューマンデザインのような知識を知ろうとする人たちも増えるかもしれません。しかしこの位置は「神秘的な知識に入れ込んで、世間の現実に対処できなくなる」こともあるので、あまり知的プレッシャーに飲まれないことも大切ですね。

と言いながら、自分も恐らく権力争いからは離れて、自分の居場所を見いだし、引き続きヒューマンデザインの研究を続けると思います。俗世間から隔離されるかもしれませんが、時々は、ヒューマンデザイン以外の友人と会わないといけませんね。そしてこの答え合わせは、また来年…… 

 

・ヒューマンデザインの個人フルリーディングを受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.comへご連絡ください。