NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・プロフェッショナル・アナリスト 市川丈夫のBlog

【夢日記】疲れた馬、引き籠もる小鳥

DSC_0341

1月28日夜の夢。僕は、馬にまたがって、やけに混んでいる飲食店の中を歩いていた。カウンターや席で飲み食いするお客さんの間を『馬が通りますよー』と言って、縫うようにして通過し、店先に出た。下りてみると、その馬はやけに小柄で、痩せていて毛並みも悪く、疲れているようにも年老いているようにも見えた。僕は、店先にあった蛇口から水をひねり出し、洗面器にそれを受けて、馬に飲ませてあげようと思った。

ところがその馬は、いつの間にか小鳥に変わっていて、棚の奥の方に隠れたか、あるいは棚の奥にハマりこんでいた。僕は、その小鳥を手で救い上げ、水を飲ませようとした。手のひらの中の小鳥は、まるで人間のように、痛めた肩を翼で撫で……目が覚めた。 

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

 

夢の中の「馬」は、自由や性的エネルギーを表すそうです。また「馬に乗る」は、判断力が広がることなんだとか。「飲食店」は、心の栄養を摂ったり、気持ちを通わせ合うこと。「鳥」は、精神的自由、またはより高次の気づきに到達すること。

ただ、夢に出てきた「馬」はあまり状態が良くなかったので、誰かが自由やエネルギーという点で衰えているのかも。「鳥」も、閉じこもっていたので、むしろ精神的な自由が無い状態なのかもしれません。

そう言えば、ちょうど一年前にも「馬」の夢を見たんですよね。その時『これは、午年生まれの誰かなんじゃないか』『自分と近いところで言うと、1966年生まれ、1978年生まれ、1990年生まれの人ではないのか』と書きましたが、今回の「馬」も、もしかすると、午年生まれの誰かがエネルギー的に疲れていたり、閉じこもっているという意味なのかもしれません。果たして、その疲れた「馬」に水を飲ませてあげたり、閉じこもっている「小鳥」を救い出すことはできるのでしょうか?