NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・プロフェッショナル・アナリスト 市川丈夫のBlog

【ヒューマンデザイン】ジェネレイターの反乱にご注意

f:id:crystal0207:20190328174951j:image

今日は新宿にて、プロジェクターのマサコさんと、マサコさんから基礎講座LYDを受講されたジェネレイターさんとお会いしてきました。次は僕がフルリーディングをお伝えするという相談など含めて、お昼ご飯からお茶飲みまで長々と。初めて入った「墨繪」さんは、なかなか盛況でしたね(大行列)。

そんな今日は、ジェネレイター「満足」についてのお話が出ました。働くエネルギーを持つジェネレイターは、自分がエネルギーを注ぎ込んだもの(人間関係、仕事、趣味)から、適切な見返りを得たかどうかを「満足」「不満足」という尺度で測ります。もちろん、ジェネレイターが基礎講座LYDやフルリーディングを受けるにしても、お金を払い、時間を割くわけですから、当然それに見合う「満足」が必要となります。

それに対して、働くエネルギーが不安定なマニフェスターの僕や、プロジェクターのマサコさんからすれば、ジェネレイターが感じる、ほどほどの「満足」が良く分からないため、頂戴したお金や時間に対して、適切にお返しが出来ているかどうかを常に、気にしています。マサコさんは、なるべく長期間フォローするというサービスをご提供されているそうで、僕自身は、お代に見合う分量のレポートをお渡しして、なんとかジェネレイターさんが「不満」を感じないように注意しています。なにしろ「不満」を感じたジェネレイターは、適切な見返りをくれない相手に対して「反乱」を起こすと言われていますから、気をつけませんとね……(^_^;)

一応、日本では、安売り競争を防ぐために、LYDやリーディングの料金については、最低価格が設定されています。しかし逆に最高価格の制限は無いため、同じLYDやリーディングでも、高額な料金設定をしている方もいらっしゃいます。それは別に悪いことではありませんが、あまりに高すぎる価格を設定して、内容がそれに見合わなかった場合、敏感なジェネレイターなら、そのアンバランスさを見抜き「不満」を感じるでしょう。『あれだけ払って、この内容?』てな感じで。

たとえ『いえ、私はヒューマンデザインに✕✕を組み合わせていますから、料金が高いんです』とか『私は、アナリストだから、アソシエイトより高いのは当然です』とかイイワケしても、健康なジェネレイター「不満」を感じたなら、理屈はどうあれ、それは高すぎるのでしょう。それは、両者にとって不幸な結果になりますので、提供する方も、受講する方も、あまりに高すぎる価格については、ご注意された方が良いかと思います。高額だからといって、必ずしも、額に見合った適切な内容とは限りませんからね。

 

・ヒューマンデザインの個人フルリーディングを受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.comへご連絡ください。