NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・プロフェッショナル・アナリスト 市川丈夫のBlog

【夢日記】パイロット、お菓子とパティシエ、畏怖される才能

Pilot Portrait

最近、花粉症のせいで、夜中に目覚めることも多く、夢も途切れ途切れになっていて、うまく解釈できなかったり。とりあえず最近見た夢をメモメモ。

3月17日夜の夢。僕は、ジェット戦闘機のパイロットスーツみたいなツナギを着て、誰かに『先、行きまーす』と告げた。何かしら仕事の始まりのような気がして、ドキドキしていた。『アムロ行きまーす』みたいな。ちなみに夢の中の「飛行機」は、精神的な高みに上がること。実際に「飛行機」は出てこなかったけど。

永尾まりやファースト写真集 美しい細胞

永尾まりやファースト写真集 美しい細胞

 

3月18日夜の夢。元AKB48永尾まりやさん似の女性が現れ、僕に悪戯をするように、ちょっと指先でタッチして、笑って離れて行った。触られた感触が妙にあったな……

3月19日夜の夢。僕は、商店街にチョコレートを買いに行ったが、どこに売っているのか、分からない。夢の中の「チョコレート」は、自分へのご褒美だそうです。ご褒美がどこにあるのか分からないという……

3月23日夜の夢。暗い通路を通っていくと、その先に警察署があった。そこでは犯人が連行されていたが、逃げようと必死に抵抗していた。僕は、飲み会に行く予定だったが、まだ時間があったので、カフェに入ってスムージーを飲もうとした。しかしもう時間が遅いため、どれも売り切れだと言う。仕方なく、甘食を食べたら、口の中がパサパサになった。「警察」は助けを意味し、「喉の渇き」は知識の渇望を意味しているそうです。

vuesdumois02-06

3月24日夜の夢。僕は、どこかのパティシエ大会で賞を取り、より上位のコンクールに出場する、という設定だった。主催者からその業績を紹介されても『いえいえ私なんか』と謙遜し、あまり目立ちたくはなかった。「お菓子」というのも、先の「チョコレート」と同じく、自分のご褒美なのか?

3月27日夜の夢。僕は、自分の部屋の窓から、屋根に出て、なぜかウルトラセブンの歌を歌いながら、網戸を取り替えていた。なんとなく頭の中で『自分には、他人から畏怖される才能があるということを知った』という言葉が浮かんでいた。屋根……人生の屋根……

3月30日夜の夢。注文していたボードゲームが届いたので、友人たちを招いてゲーム会をすることになった。ところが、お客さんに出すお菓子も無いし、飲物も無い。ここでもまた「お菓子」…… 

まあ、とにかくそろそろ花粉症の時期も終わって、ぐっすり眠りたいところです。

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)