NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・プロフェッショナル・アナリスト 市川丈夫のBlog

【ヒューマンデザイン】食事で感情を満たそうとする Part.2

Vegetable dishes at Hacı Abdullah

今日は新宿にて、半月前にフルリーディングをした方に、キロンリターン・リーディングをお伝えしてきました。幸い、キロンリターン(50歳前後の転機)は、あまり波も無いようで、心配するほどのことは無いでしょうと。

それよりも気になっていたのが、前回フルリーディングの時にお伝えした「食事と感情」の関係です。感情は、食事によって左右されるのですが、本当に感情が満たされているかどうかはなかなか分からず、感情を満たすためだけに食べ過ぎたり、感情の空虚感に気づかずに食べなさ過ぎてしまい、過食や拒食に陥る可能性があるというお話しでした。

実際、前回からさまざまな食事をご経験されて、御本人もずいぶん沢山の発見があったそうです。基本的に、楽しい感情を受け取っている時は、満たされているため、あまり食欲は無く、実は今日もリーディングを楽しまれたせいか、サンドイッチを二切れほど食べてもう満腹ですと。ところが誰かと食事に行っても、グチのような、面倒な感情を受け取ると、食欲が無くなったり、得るものが少ないと無性に食べてしまい、生姜焼き+オムライスぐらい食べてしまうと。そのように、自分の感情と食欲が、これほどまでに密接に関係しているとは知りませんでしたというお話しでした。

以前から、自分があまり食べなくても平気な時と、無性に食べてしまう時の差が激しいのは分かっていたそうですが、その根底には、感情というメカニズムが潜んでいた……という発見が、リーディングを受けられた中でも、最も大きな収穫だったようです。恐らくこれから先、適切な食事量に落ち着くとは思いますが、リーディングした側としては、その変化も見守っていきたいところです(^_^)

 

・ヒューマンデザインの個人フルリーディングを受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.comへご連絡ください。