NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・プロフェッショナル・アナリスト 市川丈夫のBlog

【ヒューマンデザイン】混沌の中での成長、野望というプレッシャー

明日4月24日22:23、ヒューマンデザインのホロスコープ上で、ノード軸 (占星術で言うドラゴンヘッドとドラゴンテイル)が、新たな領域に移動します。今回のノード環境は、9月16日00:33まで5ヶ月弱続くので、かなり長期間と言えるでしょう。

まず42歳以後の人たちに強く現れるドラゴンヘッド「混沌の中での成長」という環境を形成します。ここは、ものごとを始動する位置であり、着実な成長を意味する位置ですが、その始まりは混沌としていて、果たして本当に成長できるのか、よく分からない環境になると言われています。それでも、ものごとを堅実に進めていくことで、成長が得られ、それが学びとなる環境なのです。

Ambition

一方、42歳以前の人たちに強く現れるドラゴンテイルは「野望の階段を上がる」に入ります。周囲に、キャリアアップ的な「野望」を持った人たちが多く現れ、自分もキャリアアップしなければというプレッシャーを感じる位置ですが、あまりそれに引っ張られる必要はありません。本来の自分がブレるほど影響を受けてしまうと、あまり宜しくない結果になりがちですからね。

この「野望」には、2015年から冥王星が3年以上滞在していました。今はもう冥王星「野望」から去っていますが、明後日4月25日から冥王星は逆行に入り、9月11日には再び「野望」に戻ってきます(10月25日まで)。

そして今現在、土星「野望」に位置していますが、なんと土星も来週4月30日から逆行に入り、8月9日まで「野望」に滞在し、いったん前の位置に戻った後、再び10月27日から12月26日まで「野望」に入り直します。

そして明日からはサウスノード(ドラゴンテイル)もこの「野望」に入るわけで、2019年は、非常にこの「野望」が支配的なテーマだと言えます。しかし冥王星は人々の「野望」を焚きつけてネガティヴな結果をもたらし、土星「野望」を打ち砕くような裁きを下す……と考えると、やはり「野望」に引っ張られる時期ではないだろうなと思います。とりあえず、のし上がって行く人を見ても『人は人、自分は自分』と思って、普段の自分をキープすることが大切ですね。

 

・ヒューマンデザインの個人フルリーディングを受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.comへご連絡ください。