NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・プロフェッショナル・アナリスト 市川丈夫のBlog

【ヒューマンデザイン】「Variables : That whichs Binds Us 」

f:id:crystal0207:20190507192740p:plain

Jovian Archiveにて英文テキスト「Variables」を購入しました。全216ページ。47ドル。

Variables=バリアブルとは、ヒューマンデザインのチャートに表示される4つの矢印の組み合わせ(赤と黒・左向きと右向き)のことで、その人が旧来の人間的か、2027年以降に生まれる新種・Rave的かを表すものです。バリアブルの資料としては、昨年「The Meaning of Your Variable in your life」を翻訳しましたが、あちらは簡単な入門書、こちらは本格的な解説書(講義録)という感じでしょうか。

サブタイトルに「That whichs Binds Us=私たちを結びつけるもの」とありますが、同じバリアブルの組み合わせ(16パターン)を持つ人同士は、親和性を感じると言われています。僕自身も、自分と同じバリアブルの人には、親近感を持つことが多いですね。

また、人間的な部分と、Rave的な部分が互い違いに配置されていると、かなり生きづらいとも言われており、それも自分の周囲を観察した限りですが『たしかにそうだなあ』と思うことがあります。

今のところ翻訳の優先順位は低く、読むのは後回しですが、いずれしっかり解読しておきたいところです。

 

・ヒューマンデザインの個人フルリーディングを受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.comへご連絡ください。