NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・プロフェッショナル・アナリスト 市川丈夫のBlog

【夢日記】スマホ、古本屋、湯気、新宿、篠田さん

Smartphones

6月18日夜の夢。僕の手の中で、スマートフォンがバキッと2つに割れた。でも心の中で『もう代わりがあるからいいや』と感じていた。夢の中の「電話」は、導きやメッセージを表すそうですが、古い回線が切れて、新しい回線に乗り換えるのかも。

6月19日夜の夢。僕は、高架下の古本屋に入ろうとした。ところがドアを開けても入口は無く、壁があるだけだった。夢の中の「本」は、人生の目的。古い人生の目的にはもう繋がれないと。なんとなく先の電話の夢とシンクロするような。

6月24日夜の夢。僕は、暗い湖のそばを歩き、ホテルに向かっていた。ホテルに着くと、すぐ風呂に入ろうと思い、セーターを脱ぐと、身体中からぶわっと湯気が上がってきた。夢の中の「湖」は、感情。「ホテル」は、成長の可能性。「湯気」は、新しいアイデアを思いつくこと。これもなんとなく新規感……

6月26日夜の夢。僕は、新宿あたりの駅に下り、お洒落なビストロの店内を通って、さらにその先へ行こうとしていた。ところが足下を見ると、靴が無い。ああ忘れたんだなと思って、駅まで戻り、また靴を履いて先へ進んだ。夢の中の「靴」は、人生の旅を守ってくれるもの。「ビストロ=レストラン」は、心の栄養を摂ること。 

篠田麻里子写真集/「麻里子」

篠田麻里子写真集/「麻里子」

 

6月27日夜の夢。僕は、元AKB48篠田麻里子さんと2人で飲みに来ていた。篠田さんは、年上の先輩という設定で、僕に恋愛相談をしていた。篠田さんは、これから好きな人に会いに行くというので、別れたが、その様子がとても幸せそうだったので、僕も思わず『いいなあ、俺もイイことないかなあ』とつぶやくと、近くにいた誰かが『期待しないように』と言った。そうか、期待はしない方がいいか……(^_^;) 

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)