NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・プロフェッショナル・アナリスト 市川丈夫のBlog

【ヒューマンデザイン】 木星は順行へ、天王星は逆行へ

Jupiter

少し早めの予報です。4月11日から逆行中だった木星が、8月11日で逆行を終え、順行に戻ります。木星は、4月11日の時点で「人生哲学」からUターンを始め、「嘘とハッタリ」を通過して、今現在「自分らしいリズム」まで戻っています。ヒューマンデザインでは、木星は人生のルールであり、そのルールを守れば報酬が得られるとされています。つまり、ここ4ヶ月間は、人生の報酬を得るために、誰が「嘘やハッタリ」をついているか見直し、「自分らしいリズム」を取り戻しなさいという時期だったかもしれません。 

実際僕も、この4ヶ月間で『あ、こいつはやっぱり嘘やハッタリをつく、ヤバい奴だったんだな』と再確認した出来事があります。まあ、ささっと終わった事件なので、特に痛手はありませんが、その結果、特別講義に誰でも彼でも受け容れるのは止めようと思いました。それもまた「自分らしいリズム」を守るための措置なのでしょう。

木星はこの後、順行に戻り、9月22日には「嘘とハッタリ」に戻り、10月28日には「人生哲学」に戻ります。9月22日からはもう一度、誰が嘘をついているのか、よく見極め、その人生経験を10月28日から語るという感じですね。『私もすっかり騙されちゃったけど、まあそれも良い経験になったわよ』と言えるかどうかですね。

tree care

そして木星順行と入れ替わるように、8月12日からは、天王星が逆行に入ります。この逆行は、来年2020年1月11日まで続くので、もっと長丁場です。とは言っても、そのテーマは、とてもシンプルです。なぜなら天王星は今現在「面倒を見る」にありますが、来年1月11日まで逆行しても、ずーっとこの「面倒を見る」のゾーンを戻るだけだからです。つまり単純に、これから来年1月まで、誰の面倒を見るのか、見ないのか、どうやって面倒を見るのかを見直す時期に入るわけです。

ただし逆行する天王星は、ヒューマンデザインでは、秩序と混沌の星と言われています。これから5ヶ月間、誰かの面倒を見る秩序を立て直すかもしれませんし、逆に、面倒を見る秩序が崩れ、混沌とするのかもしれません。天王星はトリッキーな星ですから、いつもとは違った面倒を見るかもしれません。

天王星は、2020年5月14日まで「面倒を見る」にあり、また2020年11月28日から2021年3月2日まで「面倒を見る」に滞在します。そこが天王星「面倒を見る」期の終着点ですから、来年以降も、誰の面倒を見るかは、長期的なテーマとなりそうですね。

ちなみに僕自身、49歳前後の転機・小惑星キロンリターンのテーマは、この「面倒を見る」です。実際、キロンリターンを過ぎて1年3ヶ月が経ちますが、たしかにリーディング依頼が増えたのも、ある意味、面倒を見ているのでしょうし、予想外に急激に増えたのも、天王星のトリッキーさのように感じています。

また気になるのが、この天王星「面倒を見る」期のゴールに、2020年12月22日のグレート・コンジャンクション(木星土星が20年に一度重なる)があることです。これは水瓶座で起こりますし、僕自身も水瓶座なので、いろいろありそうだなと。まあ、そのあたりも、長期的な視点で見直すのかもしれませんね。

・ヒューマンデザインの個人フルリーディングを受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.comへご連絡ください。