NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・プロフェッショナル・アナリスト 市川丈夫のBlog

【ヒューマンデザイン】感情的な弱み、正々堂々の対決

ON / OFF

明日9月16日00:34、ヒューマンデザインのホロスコープ上で、ノード軸(占星術で言うノースノードとサウスノード=ドラゴンヘッドとドラゴンテイル)が、次の領域に移動します。ノード軸は、今年4月24日から「成長」「野望」という位置にありましたが、ノード軸は環境に現れるため、この約5ヶ月間は、成長しようとしたり、キャリアアップしようとするプレッシャーに満ちた環境に置かれたわけです。まあ、自分らしく生きていれば、そのような影響もスルーできたはずですけどね。

さて明日からのノード環境ですが、11月12日06:45まで続くので、前回ほど長丁場ではありません。まず42歳以上の人に強く現れるノースノードは「感情的な挑発で、自分の弱い部分を突かれる」です。これは、相手の心理的・感情的な弱みにつけこんで、怒らせたり、喜ばせたり、悲しませたりする位置です。たとえば、お店に入って、買おうかどうしようか迷っている時に、店員さんから『それ最後の1点ですよ』と言われて、思わず買ってしまうのも、感情的なスイッチを強制的に入れられたわけです。それ言われたら、買っちゃうみたいな。逆に、彼氏から『お前、最近太ったよな』と言われて、思わず激怒して別れちゃうとか。それだけは言われたくなかった、というのもこの位置です。まあ、良くも悪くも、そういった「感情的な挑発」には乗らないように注意しましょう。

Knight

また、42歳以前の人に強く現れるサウスノードは「自分を守るために、ネガティヴな力と対決する」です。これは、戦う根性を表す位置であり、正々堂々と『上等じゃねえか!』と宣戦布告するような位置です。ある意味「感情的な挑発」とは真逆な、騎士道、武士道的な位置ですし、周囲でも正面からの対立が増えるかもしれません。そういった戦いを見て『自分も、嫌な奴と対決しなければ』というプレッシャーに襲われる可能性もあるでしょう。

また(これは全年齢に関係しますが)土星も、10月27日14:08まで、この「対決」にあります。逆行中の土星は、8月9日19:38から「対決」に戻っていますが、ちょうどノード軸が変わった直後、9月18日に逆行を終え、この「対決」でUターンしていきます。土星は、裁きを下す星と言われますから、自分らしく生きていない人は、誰かと「対決」せざるを得ない状況に追い込まれたり、それによってネガティヴな結末を迎えるかもしれません。こちらも、あまり引っ張られ過ぎないよう、注意ですね。

僕で言うと、50歳という年齢的には「感情的な挑発」が強く現れそうですが、個人的なデザインからすると「対決」の影響の方が強いです。元々、誰かと戦うことによるリスクを取る力はあるのですが、わざわざ「対決」するほどの根性は無い、というのが僕自身のデザインです。しかし明日からは、そこにノードという借り物の根性が入ってきますので、それに引っ張られ過ぎると、普段持っていない根性を出して、戦ってしまうと。まあ、基本的には根性無しのデザインなので、違和感があったら、戦わずに、さっさと退却するのが良さそうですねえ。

 

・ヒューマンデザインの個人フルリーディングを受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.comへご連絡ください。