NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・プロフェッショナル・アナリスト 市川丈夫のBlog

【ヒューマンデザイン】一人になって、自分と脳内会議をする

Lonely... She...

今日は、地元・市川にて、朝08:30からウラヌス・オポジション(天王星半回帰・42歳前後の転機)リーディングでした。今週は、ウラヌスの分析が3回入っていますが、まずはその1回目。朝が早かったので、市川駅に開店したばかりのコメダ珈琲で、モーニング食べつつのリーディングとなりました。

さて今日の方は、本来「自分のエネルギーを自分優先に使うこと」がテーマでした。ところが、ご自分よりも、ご家族優先でエネルギーを使ってきたため、そろそろ、エネルギーバランスを見直す時期に入っているようです。

そのバランスを見直す42歳前後のテーマは「自分のことを、噛み砕いて説明する」でした。恐らく、今までの生活を変えるために、周囲から説明を求められるのでしょう。しかしこの「説明」は、独特過ぎて、自分でも、なかなか言葉にはできません。今回の方も、細かく見ると「説明を躊躇する」というものでしたし、恐らく50歳までは、頭の中で自分自身と会話し、自分なりに噛み砕けた頃に『説明してよ』と招待され、実際に話すのでは?という分析でした。

Lonely

僕自身、この「自分のことを、噛み砕いて説明する」力を持っていますが、実際、自分自身と『たぶん、ああだよな』『いや、こうなんじゃないか』と会話していることが多いです。それがダダ漏れになると、独り言をつぶやくことになってしまいますが、そういった脳内会議が必要となるわけです。

また、この「説明」する力は、自分自身と脳内会議するのに忙しく、他人の話は聞こえなくなる、とも言われています。まあ、ここは個人性が強いところなので、周囲から『ああしろ』『こうしろ』と言われても、それを馬耳東風的に聞き流すのも当然です。

しかし本当に自分と脳内会議をするなら、プライベートな一人の時間を持って、静かに自分の声を聞く必要もあります。仕事や家事に奔走して、一日駆けずり回った後、バタンキューで寝てしまっては、自分と会話する時間も無いでしょう。そのような時間を確保することも、脳内会議には必要かと思います。

 

・ヒューマンデザインの個人フルリーディングを受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.comへご連絡ください。