NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・プロフェッショナル・アナリスト 市川丈夫のBlog

【ヒューマンデザイン】結論は出ているけど、一応投げておく

Conversation

※2019年12月21日~2020年1月10日まで年末年始休業となります。

※2019年12月21日以降のご依頼から価格が改定されますのでご了承ください。

今日は、多摩センターにてフルリーディングでした。今日の方は、プロジェクターさんでしたが、その行動指針は「誰かと話すことで、正しい答えが分かる」という、ちょっと珍しい方でした。たしか全人類の約2%、50人に1人ぐらいの方でしょうか。

今回の方の場合、人生で迷ったとしても、自分一人で決断できるデザインでした。そういう意味では、周囲からの助言は必要ありません。ところが、たとえ自分の中で結論は出ていても、それが本当に正解なのだという感覚は無いのです。そのため、誰かにその結論を話し、相手からのリアクションを聞いて、本当にその結論が正しいかどうかが分かるという、なかなか面白いメカニズムになっているのです。

その、相手に話すにしても、相手からの助言が必要なわけではありません。もうすでに自分の中で結論は出ているため、それに同意してくれれば『やっぱりこれが正解だな』と確信するし、たとえ反対されても『やっぱりこれが正解だな』と感じるのです。

しかし話してもらった方からすれば『私が、どう言おうと、結論はもう出ているなら、自分一人で決めれば良いじゃない』と思うかもしれませんが、自分一人では確信が持てないため、一応相手にその結論を投げてみるという、御作法を守る必要があるのです。一人では決められないけれど、結局一人で決めてしまうという、不思議なデザイン。

今日の方は、他にも独特な部分が多々あり『道理で私だけ、みんなと違うと思いました』と仰っていましたが、そういった周囲との違和感を抱えているなら、ヒューマンデザインを使って、自分の独特さを分析してみるのも良いのではないでしょうか。

 

・ヒューマンデザインの個人フルリーディングを受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.comへご連絡ください。