NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・プロフェッショナル・アナリスト 市川丈夫のBlog

【ヒューマンデザイン】間違えることが正しい人たち

f:id:crystal0207:20191117163851j:image

※2019年12月21日~2020年1月10日まで年末年始休業となります。

※2019年12月21日以降のご依頼から価格が改定されますのでご了承ください。

今日は、新宿にてフルリーディングでした。

今日の方は、思考部分だけが安定しているメンタル・プロジェクターさん。当然、労働する力も、根性も、意志力も、感情も無いため、エネルギー的には頼りないデザインでした。そのためか『労働するタイプじゃないから、働かなくて良いですよ』とお伝えすると、それだけで救われたようでした。まあ、それでも生計は立てなくちゃいけませんから、せめて座り仕事や頭脳労働でしょうか。

しかしお聞きしてみると、やはり上司の方から『内勤ではどうか』と招待(プロジェクターには大事です)されていたそうです。ところがご本人のライフスタイルは、反骨的かつチャレンジ精神旺盛だったので、上司からの招待に反して、外回りに挑戦してみたところ、やっぱり向いていないことが分かったと。

だったら最初から上司の言うことを聞いておけば良かったようにも思いますが、このチャレンジングな生き方の人は『とりあえず、やらせてみて。上手くいかないにしても、自分でやらないと気が済まないから』という人なので、いったん間違えるというプロセスを通過しないと納得しないのです。それは、他の人たちからすれば、面倒な回り道をしているようにも見えますが、その人にとっては、間違えることが正しいのです。

以前も、こういったご苦労な方をリーディングしましたが、そういった経験を経るにつれて、大きな間違いはしなくなるでしょう。『若いうちの苦労は買ってでもしろ』というのは、まさにこの人たちのためにある言葉なのです。

 

・ヒューマンデザインの個人フルリーディングを受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.comへご連絡ください。