NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・プロフェッショナル・アナリスト 市川丈夫のBlog

【ヒューマンデザイン】土星アルファオメガ「始まりにして終わり」その③、そして「ラクダの背中に藁一本」

Trumpet of God's Judgement

※2019年12月21日~2020年1月10日まで年末年始休業となります。

※2019年12月21日以降のご依頼から価格が改定されますのでご了承ください。

明日11月30日22:09、土星が 「始まりでもあり終わりでもある」「光でもあり闇でもある」「アルファオメガ」に入ります。この位置は、ヒューマンデザインの384のラインの中でも、最も神秘的な位置……というのは、もう何度もこのBlogでも書いてきました。土星は、3月3日~3月15日、6月16日~6月30日にも「アルファオメガ」に入り、12月9日23:54まで滞在します。今年これが3回目、今回の土星サイクルでは最後となります。

大きく見るとこの位置は「野望」「キャリアアップ」「求婚」の位置でもあります。昇進したり、結婚することも、新たな人生の始まりであり、古い人生の終わりです。平社員時代が終わり、上級職時代が始まり、独身時代が終わり、既婚時代が始まる。ただしそれで幸福になるか、不幸になるかはまた別のお話です。昇進しても、キャパオーバーの仕事を抱えて仕事のできない奴だと思われれば、実質的には「キャリアダウン」ですし、結婚しても、相手が良くないパートナーだったら、その後「離婚」することもあります。まさに光として輝くか、闇に堕ちるかです。

特に土星は、ヒューマンデザインでは、人生のルールを破ると罰する星とされているので、自分らしく生きていない人が「キャリアダウン」「離婚」する時期とも言えるでしょう。または、その破滅への入口として「キャリアアップ」したり「結婚」したり。 

Camel - amazing animal

ここで興味深いのは、土星「アルファオメガ」に入る11月30日22:09、太陽はラクダの背中に藁一本」にあることです。 これは、ラクダの背中に荷物を積むうちに、まだ載せられるだろう、まだ大丈夫だろう、あと藁一本ぐらい載せても平気だろうと思ってそれを載せた瞬間、ラクダの積載臨界量を超えてしまい、ラクダの脚は折れ、すべては失敗するという位置です。油断大敵ってことですね。

しかもこの時、太陽はネガティヴ面に偏り「油断して失敗した時、どうでもいいことを大袈裟に解釈してしまい、間違った方向に進み、さらに酷いことになる」にあります。これと「アルファオメガ」が組み合わさったら、油断して失敗したうえに、さらにその失敗を拡大させ、闇に堕ちたり、キャリアダウンしたり、離婚すると。

この、今年3回目の土星「アルファオメガ」期の9日間の間に、木星山羊座へ移動します。これは1年単位の切り替わりですが、そのスタートは、予期せぬ失敗から始まるかもしれません。まあ、自分らしく生きていれば、その影響をスルーできるはずですが、特にこの時期は油断大敵ということでご用心ください。そしてもし失敗しても、あわてず、騒がずということで……

 

・ヒューマンデザインの個人フルリーディングを受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.comへご連絡ください。