NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・プロフェッショナル・アナリスト 市川丈夫のBlog

【ヒューマンデザイン】悲観主義から楽観主義へ

Melancholy

※2019年12月21日~2020年1月10日まで年末年始休業となります。

※2019年12月21日以降のご依頼から価格が改定されます。

今日は、先週Skypeでフルリーディングをお伝えした方に、42歳前後の転機、ウラヌス・オポジションをお伝えしました。今現在、なかなかハードな状況にあるそうで、なんとか来年夏のウラヌス・オポジションを乗り切りつつ、もっと穏やかな人生を送っていただきたいところです。

ちなみに今日の方は、3/6という、50歳まで非常に苦労の多い人生を送るライフスタイルの方でした。それはある意味、人間としての打たれ強さを鍛えるためなのですが、さすがにハードな人生が続くと『いつまでこの厳しい状況が続くのだろう』『もう人生は楽にならないんじゃないか』という悲観主義に染まってしまう可能性も高いのです。

しかし3/6は50歳を過ぎた頃、無意識レベルで『いろいろ苦労もしたけれど、人生は何とかなるし、何とかならなくても、それはそれで』という楽観主義に突然変異するはずです。そこまで、いかに悲観主義に染まらないかがポイントですので、なんとか40代を健康的に過ごしていただきたいと思います。

smile

そして僕自身も、6/2という、悲観主義から楽観主義へと変わるライフスタイルの持ち主です。振り返って見ると、僕も40代前半(このBlogを書き始めた頃ですね)はいろいろとアクシデントがあり『いつになったら、このトンネルから出られるんだろう……』という思いを抱えていた時期もあります。でも、いつの間にかトンネルは脱けて、今は『まあ、何とかなるだろう』という気持ちで、平和に過ごしております。

実際、今回も、ご夫婦のフルとご主人のウラヌス3回分のリーディングを依頼されたのですが、3回分が終わるまで、代金のお振り込みはお待ちする形でした。そこで悲観主義の3/6のお客様から『振り込まれなかったらどうしよう、とか思わないんですか?』と訊かれましたが、楽観主義の6/2としては『僕のところには、ちゃんと振り込んでくれる人が来るし、たとえバックレてお金を払わなかったとしても、それはそれでたいしたダメージは無いし、騙した方にはバチが当たるので大丈夫』とお答えしました。

そもそもこの仕事も、依頼が途絶えたら終わりですが、まあ、お客さんは来るだろうし、来なきゃ来ないで、のんびり英文テキストでも訳そうという感じです。しかしそんな境地に至るなんて、10年前、5年前の自分には想像もできなかったですね。そういった突然変異に至るにも、まずは自分らしく生きるところから始めていただければと思います。

 

・ヒューマンデザインの個人フルリーディングを受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.comへご連絡ください。