NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・プロフェッショナル・アナリスト 市川丈夫のBlog

【ヒューマンデザイン】5/1と6/2の特別な関係

f:id:crystal0207:20191216171646j:image

※2019年12月21日~2020年1月10日まで年末年始休業となります。

※2019年12月21日以降のご依頼から価格が改定されます。

今日は、赤坂のザ・キャピトルホテル東急のラウンジ「Origami」にてフルリーディングをお伝えしました。今年、何回かこちらでリーディングしましたが、お客様から『Origamiでお願いします』とリクエストされる場合も多かったですね。なんでしょう、日枝神社首相官邸の間という場所が良いんですかね。

さて今日の方は、5/1マニフェスティング・ジェネレイターの女性でした。これはちょっと先入観が入っているかもしれませんが、僕は、5/1や5/2の人から依頼を受けた場合、いつもお会いする前に『たぶんオシャレな人だろうな』と予想しております。5/1や5/2は、意識的に自分を魅力的に見せようとし、世の中の流行とも調和しやすく、華やかな立ち位置ですので、男女関わらず、オシャレな方が多いです。そして今回も案の定、華やかでオシャレな方でしたので、おお、5/1だなあと。実際お聞きしてみると、ファッション関係のお仕事をされているそうで、なるほど、本来のライフスタイルを活かされている方だなあと感じました。 

ただし5/1や5/2は、魅力的に見える分、周囲の人たちから過剰に期待されてしまいます。その期待を果たせば、救世主として感謝されますが、期待を裏切れば、磔にされてしまうのが難儀なところです。そのため、5/1や5/2の中には、過剰に期待されることを嫌って、あえて自分を魅力的に見せず、地味に、控えめに過ごしている方もおられます。それもそれで納得できますが、やはり本来は、人生の舞台で華やかな位置に就く立場ですので、自分の基盤なり才能なりを磨いて、周囲の期待に応えられる能力を固めていただきたいところです。

f:id:crystal0207:20191216171705j:image

他のプロファイルの人からすれば『5/1や5/2は、華やかな立ち位置で良いなあ』と思われるかもしれませんが、そこには反面、周囲からの過剰な期待があり、それを果たせなければ罪悪感にまみれてしまう場合もあります。また、救世主とは言え、5/1や5/2には解決できないレベルの問題もあり、そこは最後の切り札、6/2、6/3の出番となります。ですので、周囲からの期待に苦しんでいる5/1や5/2の方は、自分をバックアップしてくれる6/2か6/3を見つけてください。

まあ「The Difinitive Book of Human Design」でも『5/1と6/2は特別な関係にある』と書いていますから、どちらかというと6/2の方がオススメですかね。僕自身も6/2ですが、たしかに、もし自分がビジネスパートナーを選ぶとしたら、60~70%ぐらいを解決してくれる有能な5/1を選ぶと思います。『おお、だいたいやってくれたんだ、ありがとう。そこから先は、俺がやっておくよ』という感じです。でも、もしも5/1が40%しか解決していなかったら『もっと、ちゃんとやっといてくれよ』と思うでしょう。そういう意味では、6番ラインが5番ラインを見る目は厳しくなりますし、そういった厳しい視線で見られることも、5番ラインは面倒に感じるかもしれませんね…… 

 

・ヒューマンデザインの個人フルリーディングを受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.comへご連絡ください。