NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・プロフェッショナル・アナリスト 市川丈夫のBlog

【ヒューマンデザイン】お腹と感情は別腹 (2019年仕事納め)

f:id:crystal0207:20191218174316j:image

※2019年12月21日~2020年1月10日まで年末年始休業となります。

※2019年12月21日以降のご依頼から価格が改定されます。

今日は、新高輪グランドプリンスの「momiji」にてフルリーディングでした。以前、リーディングした方からのご紹介で、その方も付き添いに。そして今日が2019年の仕事納め。窓際のゆったり席のおかげか、今年最後の仕事も心地良く終われました。

さて2019年最後の方は、自分優先に生きる力をお持ちの3/5マニフェスティング・ジェネレイターさん。しかしそういう方に限って、他人を優先して生きてしまうものです。特に今日の方は、感情的な揉め事も避けるデザインだったので、自分の気持ちをガマンすることもあるようでした。ですので、少しずつでもいいので、自分優先に生きるところから、本来の自分を取り戻しましょうというお話しにもなりました。 

f:id:crystal0207:20191218172446j:image

と、基本的なお話しをしたあたりで、いったんランチタイム。僕はラザニアを注文。

いや、ラザニアはどうでもいいんです。その横にある「水が半分入ったグラス」をご覧ください。ヒューマンデザインでは、「水が半分入ったグラス」を人間の感情を表すシンボルとし、世の中の人たちはみな、自分が本当は何が好きで、何が嫌いなのか、自分の感情が本当に満たされているかどうか、2027年まで分からないとしています。

たとえラザニアを食べてお腹いっぱいになっても、感情的に満たされていなければ、それを埋めようとして、さらに食べてしまい、過食症につながると言われています。逆に感情的に満たされていれば、たとえお腹が減っていても、あまり食べようとはせず、拒食症につながるそうです。

今日の方は、まさにその、自分の本当の感情に気づくことが人生のメインテーマという方でした。実際、感情が落ち込んだ時にヤケ食いしたり、逆に好きなことに集中している時にはゴハンを食べないこともあったそうです。つまり、お腹と感情が別腹なんですね。 

f:id:crystal0207:20191218172501j:image

人間が、自分の本当の感情に気づけるようになるのは、2027年以降だと言われています。それが先日もBlogに書いた「眠れる不死鳥」=感情の覚醒 ⇨ 感情の死 ⇨ 感情の再生というプロセスです。実際それがどうなるかは分かりませんが、年が明ければ2020年。2027年まであと7年となります。ヒューマンデザインでは、本来の自分を取り戻すのに7年間かかるとしているので、2027年までに本来の自分を取り戻すなら、もう来年がデッドリミットということになります。今年も、ずいぶん多くの方にリーディングをお伝えしましたが、もしかすると来年も、ヒューマンデザインの情報を受け取りに来る方が増えるかもしれませんね。僕自身も忙しくなるかもしれませんが、とりあえずその前に、この年末年始はいったん休んで、リフレッシュしませんとね……

 

・ヒューマンデザインの個人フルリーディングを受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.comへご連絡ください。