NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・プロフェッショナル・アナリスト 市川丈夫のBlog

【ヒューマンデザイン】文明の豊かさを享受するお手本

f:id:crystal0207:20200124175438j:image

今日は横浜駅前のベイシェラトンホテルにて、小惑星キロンリターン(50歳前後の転機)リーディングでした。今日の方は、昨年フルリーディングを受けて下さったのですが、やはり僕と同じく、この50歳以降からが人生の本番という、6/2ジェネレイターの方。しかもジャスト・キロンリターンを5月に控え、いよいよというタイミングで情報を受け取りに来てくださいました。

元々、今日の方は「自分の好きなことに情熱を傾けて働き、人々のお手本になる」のが人生のメインテーマでした。お金のために嫌々働くのではなく、(ジェネレイターですから)自分の「満足」を基準にして働くことが大切だと、身をもって示す役割なのです。

そこにキロンリターンのテーマとして乗っかってきたのが「正しい文明の方向性を探究する」でした。文明とは、素敵な家に住み、素敵な衣服を着るなど、物質的なテーマでもあります。そうなると、ただ単に「満足」できる仕事ができれば良いというレベルを超えて、物質的な豊かさを受け取ることも大切になってきます。ですので、今までより少し、自分に贅沢を許すような生計の立て方、お金の受け取り方にシフトするかもしれませんねとお伝えしました。

とは言っても、やはり最優先なのは、ジェネレイターとしての「満足」です。お金そのものが最優先ではありません。ただ、今まで「満足」していた金額が変わってきたり、もう少し上の「満足」に向かうという感じでしょうか。今日の方は、キロンリターンで、ある種のアーティスト気質も入って来たので『今まではこの金額で満足していたけど、これからは無理』『その金額じゃやってられない』『でも本当に満足しているから、低い金額でも良い』という、独特な基準が芽生えてくるでしょう。ある意味、気難しくなってきますが、真のアーティストってそういうものですよね。安い金額でこき使われたり、自分を安く売るのではなく、きちんとした対価を受け取り、豊かさを享受することも、これからのお手本となる働き方ではないでしょうか。

 

・ヒューマンデザインの個人フルリーディングを受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.comへご連絡ください。