NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・プロフェッショナル・アナリスト 市川丈夫のBlog

【夢日記】家賃のかからない部屋、怒りと不満

f:id:crystal0207:20200124175428j:plain

先週から、火星逆行、木星順行と星の動きが多かったせいか、妙に強い夢を見ています。

まず9月9日夜の夢。僕は、小型飛行機に乗って、塔のある洋館に接近していった。その塔に、飛行機がドッキングして、まるでホテルのラウンジのような空間になり、今日からそこが僕の住まいになった。住まいとしてはステキなのに、家賃はほとんどかからないという設定で、僕は助かるなあと思った。しかしその部屋から外へ出ると、暗い建設現場のような場所につながっていて、タバコを吸う人たちがいた。そこで見知らぬ男性が近づいてきて、映画に出演してみないか?と言う。しかし僕は『いや、そんなのもっと若い奴がいいですよ』と言って断った。夢の中の「飛行機」は、魂の覚醒を意味するそうです。「塔」は、精神力、予見力。「火」は、生命力。「映画」は、人生。まあ、細かいことはともかく、家賃のかからないステキな部屋に住むってのは良いですね。

9月10日夜の夢。僕は、昔勤めていた書店で働いていた。ふと見ると、自分の肩には私物の入ったカバンがぶら下がっている。やれやれ、こんな荷物を持ったままじゃあ、仕事の邪魔だよなと思ったが、しばらく経っても、僕はカバンを提げたまま仕事を続けていた。「書店=本」は、人生の目的。「カバン」は、重荷。たぶん、仕事の負担を背負い込みすぎているんですかねえ。

9月11日夜の夢も、昔勤めていた書店の夢だった。僕は、出席していた会議が終わると、上司と一緒に焼き肉屋さんに行った。上司は『お前はすぐ辞めると思っていた』『うちは近いうちに吸収合併される』と言う。ふーん……

rage

9月13日夜の夢。僕の目の前に、ぎゃーぎゃー騒ぐ40代ぐらいの女性がいた。僕が『うるせーなー、ババア』と言うと、女性はさらにブチ切れ、僕のことを追いかけてきた。僕は、階段を駆け下りて、一気に建物の外まで逃げた。振り返ると、女性もまだ追いかけてくる。ええい、しつこいババアだ、ここで迎え撃つかと思ったところで目が覚めた。「怒る女性」は、自分の女性性の怒りなのかな。「階段を下りる」は、間違った方向に向かうこと。自分の怒りにフタをしないこと。逃げずにちゃんと向き合うこと。しかし、久しぶりに恐ろしい夢だった。

その夢で目覚めたのが02:00頃で、そこからまた二度寝して、次の夢を見た。今度は、ヒューマンデザインの集まりの夢だった。場所は、道路に面したカフェ的なところ。しかし講義が始まっても、集まった若い生徒たちは授業内容にぶーぶー文句を言い、みんなざわざわとおしゃべりを止めない。僕はそれを眺めつつ、まあ若い奴らに言わせるだけ言わせておこうと思い、特に何も発言はしなかった。うん、これ現実そのものですね。