NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・プロフェッショナル・アナリスト 市川丈夫のBlog

【ヒューマンデザイン】自分のリズムを乱す人と出会う

Drummer

※今からのリーディングのご依頼は、12月以降となりますのでご了承ください。

今日も、Zoomにてフルリーディングをお伝えしました。

今日の方は、6/2感情マニフェスティング・ジェネレイターさん。すでにヒューマンデザインも学ばれていたため、結構細かいご質問もありました。 今日の方は「自分らしいリズムで生きるために、自分に合わないリズムから離れる」ことが人生の目的でした。ということはですよ、まず最初に、自分に合わない家族や友人、パートナーや仕事と出会い、自分のリズムを狂わされたうえで『ああ、この人とはリズムが合わないんだな』と気づくところから始まるわけです。これ結構、面倒なプロセスですし、その大きな別離は、一生に一度か二度でしょう。実際、すでに50歳前後の小惑星キロンリターンも過ぎておられ、そのような別離もご体験されていたので、ある意味、自分らしいリズムを取り戻されているかと思います。

ところが、デザインの細かい部分を拝見すると「悪質な人たちに気づきながらも、一緒に堕落してしまう」という、まさに御本人のリズムを狂わせるような人たちを引きつける個性もあったわけです。しかしそういう人たちに、自分のリズムを乱されて、ようやく『ああ、この人たちって、私と合わないんだわ』と気づくわけで、その気づきを得るために、わざわざ「悪質な人たち」を引き寄せるのかと。これも面倒な段取りですが、人間、痛い目に遭わないと分からない場合もありますからね。まあ、そのことを理解した暁には、この個性を超越し「悪質な人たち」と出会っても『ああ、はいはい、また出た。私のリズムを乱す人。もう堕落はしないわよ』といって、離れられると思います。

IMG_4971.JPG

本来、今日の方には、じっくり自分のリズムを確かめて頂きたいのですが、なにしろマニフェスティング・ジェネレイターは、忙しすぎて自分の仙骨反応もなかなか聞けないし、今日の方の場合「忙しくするほど魅力的に見えるカリスマ」もお持ちだったので、余計に仙骨の反応が確かめづらいと思います。しかし仙骨反応は分からなくても、調子が狂ったり、リズムが乱されることには敏感なはずなので、それを頼りに、正しい相手なのか、間違った相手なのか、確かめる方法もあります。

逆に言えば、自分が調子が良い時や、リズムにノッている時に、周囲にいる人たちも確かめて頂きたいところです。その人たちは、リズムが合う人たちであり、リズムを乱さない人たちです。そういう人たちとだけ、つき合うことで、ジェネレイターとして満足できる仕事や人間関係に出会えるのではないでしょうか。

 

 ・ヒューマンデザインの個人フルリーディングを受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.comへご連絡ください。