NO PLAN NOTE 

ヒューマンデザイン・プロフェッショナル・アナリスト 市川丈夫のBlog

【ヒューマンデザイン】レフトアングル:過去世とのつながり

Nirvana

今日も、Zoomでフルリーディングをお伝えしました。

今日の方は、5/2ピュア・ジェネレイターさん。すでにヒューマンデザインを学ばれているそうですが、インカネーションクロス(魂の使命)をもっと詳しく知りたいというご希望でした。実際、今日の方は、インカネーション(受肉)のクロス生まれで、前世の記憶を持っていたり、昔自分が生きていた時代や国に興味を持つ場合もある、という運命でした。それじゃあクロスに興味があるのも納得ですよね。

しかし御本人には、前世の記憶は無いし、特定の文化や時代にも興味はないと。ただ、旦那様には、過去世的なつながりを感じているそうです。で、お聞きしてみると、旦那様のプロファイルは5/1。どちらも、過去世からのカルマ(宿業)を引きずっているレフトアングルですので、なるほど、それはたしかにカルマ的なつながりかもしれませんね。

Karma

プロファイルは12種類あり、その人の普段の生き方を表しますが、カルマを持たずにまっさらな自分として生まれたのか、それとも過去世とのつながりを持って生まれたのかも表しています。5/1、5/2、6/2、6/3は、過去世とのつながりがある人たちで、出会う人たちはみな、カルマ的な縁でつながっていると言われています。また創始者ラーは『敏感なレフトアングルなら、そのつながりに気づくだろう』と言っています。今日の方は、インスピレーションを受け取るゲート生まれだったので、時々そういった直観に気づくかもしれませんね。

僕自身もレフトアングルの6/2ですが、インスピレーションはまったく無いデザインなので、鈍感なレフトアングルですね。誰かと出会って『この人は……』なんて感じたことはございません。でも何度か、初めて会った人に『どこかで会いましたよね?』と言われたことはあるんですよね。あれって、相手もレフトアングルだったのかな。まあ、前世だの過去世なんて話は、目に見えない世界のことですから、確かめようもありませんね。

レフトアングルは、カルマ的な相手と出会うように出来ている、と言われています。レフトアングルの人たちの魂の使命も、相手がいないと成立しない運命ばかりです。たとえば僕は「相手の人生経験を聞く」という使命ですが、 当然、それを話してくれる相手と出会うわけです。だから今こうして、ヒューマンデザインのリーディングを通じて、いろいろな方のお話を聞く機会もありますし、そうなっているなら、レフトアングルとして自分らしく生きているのでしょう。インカネーションクロスは、自分らしく生きている場合の目印ですので、レフトアングルが運命的な相手と出会っているなら、本来の自分らしい立ち位置にいるのではないでしょうか。 

 

 ・ヒューマンデザインの個人フルリーディングを受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.comへご連絡ください。