NO PLAN NOTE 

ヒューマンデザイン・プロフェッショナル・アナリスト 市川丈夫のBlog

【夢日記】質問は最高、堀と島、手荷物

Magdalen College Dining Hall, Oxford

6月に見た夢をまとめて記録。しかし2021年も前半が過ぎましたが、例年よりも、あまり強烈な夢が多くないように思います。なんなの。

まず6月4日夜の夢。僕は、どこかの大学の勉強会に参加していた。たぶん主催者側。しかし受講者を100人募集したのに、参加者は10人だけだった。スタッフは残念がっていたが、僕自身は『でも質問は最高だったよ』と言った。たしかに、どうでもいい人間をわらわらと集客するよりも、少数精鋭の勉強会の方が自分には合っているかなと。

6月11日夜の夢。僕は、堀に囲まれた旅館に来ていた。部屋に入ると、棚を外したり、本を収納したりと、まるで自宅のように模様替えを始めた。そのうち『ここで暮らそうかな』と思い始めた。夢の中の「堀」は、感情的に身を守ること。そういう場所で暮らしたいってことですかね。

6月19日夜の夢。セリフしか覚えていないけど、僕は『この島に来いって言われたから』『星的な巡り合わせだよ』と言った。夢の中の「島」は、リラックスするための避難所。先の「堀」に近いニュアンスかもしれません。

6月29日夜の夢。僕は、空港へ向かっていたが、持っていた手荷物は、本来持ってくるべき荷物ではなかった。本来の荷物は、親戚の家に預けたままだったので、もう一回取りに戻らなくちゃなあ……と思って引き返した。夢の中の「空港」は、魂の覚醒に向かうところ。「手荷物」は、必要のない考えや問題。

6月30日夜の夢。僕は、家族とテレビを見ていた。時間は朝の09:50頃。すると家族が『今日から修学旅行だけど、まだ行かなくていいの?』と言う。集合時間は10:00。あと10分で荷物をまとめて学校まで行けるかな、と思いつつダッフルバッグを手にしたところで目が覚めた。ここでも「手荷物」が登場。数字としては、0+9+5+0=14=1+4=「5」(変化)と見るか、1+0+0+0=「1」(始まり)と見るか。前日に続いて、今から旅に行くという状況が同じなのも気になりますな。