NO PLAN NOTE 

ヒューマンデザイン・プロフェッショナル・アナリスト 市川丈夫のBlog

【ヒューマンデザイン】最高の「カリスマ」は、公益のために働く

f:id:crystal0207:20211109161222j:image

今日は、成田にて小惑星キロン・リターン(50歳前後の転機)リーディングでした。あいにくの雨でしたが、せっかく成田まで行くのだからやっぱり成田山にはお参りしたいと思い、スーツの上に、カッパ代わりにフェールラーベンの薄手ジャケットを着て、バックパックを背負って行きました。仕事前に成田山へお参りし、JR成田駅前まで戻って、お客様の車に拾ってもらい、以前も行ったEASY LIFE CAFEさんでランチもしながらのリーディングとなりました。

f:id:crystal0207:20211109161242j:image

さて今日の方は、2年前の2019年7月にフルリーディングを、その翌月の8月にはウラヌス・オポジション(42歳前後の転機)を受けてくださった20-34「自分が本当に好きなことで忙しくするほど魅力的に見えるカリスマ」持ちの5/1マニフェスティング・ジェネレイターさん。本来の予定であれば、そのままトントン拍子に、2020年初めにはキロン・リターンもお伝えする予定でしたが、地方自治体にお勤めのため、コロナ禍が始まった途端、ワクチン接種の応援に駆り出され、御本人の業務も滞り、ようやくコロナ禍が収まったら、今度はまた別の業務が……という感じで非常にお忙しくされているそうです。

実際、カリスマ・マニフェスティング・ジェネレイターが忙しく働いているわけですから、それはそれで良いと思うのです。2年前にリーディングした際は、ヒマな部署に回され『もう辞めようかと思ってます』と仰っていましたが、このコロナ禍で俄然忙しくなってしまい、辞める気持ちもどこかへ消え去り、かなりの時間働いても、肉体的に大丈夫ですと。ただ、マインド(思考)は『趣味のあれやこれもしたい』と考えているようですが、僕が『じゃあ今の仕事辞めますか?』とお訊きすると、仙骨から『うう~ん……』という消極的な反応が出てきたので、意外と満足して働いているのではないでしょうか。

f:id:crystal0207:20211109161248j:image

大勢の方が無くなっているコロナ禍で働き甲斐を感じるなんて、道徳的にはいかがなものかと思うかもしれませんが、そういう人もいてくれないと困るわけです。このコロナ禍では、医療関係者の皆さんの重要性が脚光を浴びましたが、災害時でも、働き者のカリスマ・マニジェネがインフラを維持してくれると助かりますしね(ただし、大事なステップはすっ飛ばさないようにご注意)。

そして今日の方のキロン・リターンのテーマも「将来的な文明の方向性について、その基盤を固め、試行錯誤する」と出ていました。なるほど、地方自治体にお勤めという意味では大枠として合っていますし、たとえコロナ禍が終わっても、地方の人口減少や、IT化の立ち後れといった問題を、5番ラインとして解決していくのでしょう。

20-34「カリスマ」は、自分個人のやりたいことをやるチャネルですが、その根っこは34番ゲート「公益の奉仕に使った場合にのみ、偉大なものとなる」とされています。つまり、あくまでも個人的な趣味や楽しみのために忙しくしている「カリスマ」は、まだまだレベルが低いかもしれません。最高の状態の「カリスマ」は『私は、他の何よりも公益の仕事がしたい。誰に何と言われようと公益の仕事がしたいんだ』と言って、公共奉仕が自分個人の楽しみになり、趣味になってくるわけです。今日の方も、すでにその状態に向かいつつあると思いますが、今よりももっと自分に合った形で公共に奉仕できる可能性もあるでしょう。それをこれから、50歳前後で見定めていくのでしょうね。

f:id:crystal0207:20211109161303j:image

リーディング後は、また車でJR成田駅まで送っていただき、僕は総武線快速で地元・市川へ。それにしても結構激しい雨で、14:00台なのに街に灯りが点るほど暗くなっていました。寄り道もせずに帰宅しましたが、僕もノード「カリスマ」期の影響か、なんだかんだ忙しいですね。まあ、他にもっとやりたいことも無いし、ヒューマンデザイン仕事は「本当に好きなこと」だから、これはこれで良いんでしょうね……

 

・ヒューマンデザインの個人フルリーディングを受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.comへご連絡ください。