NO PLAN NOTE 

ヒューマンデザイン・プロフェッショナル・アナリスト 市川丈夫のBlog

【夢日記】腕についた貝、ジェットコースターとモノレール

Mytilus sp.

11月に見た夢をまとめて記録。

11月3日夜の夢。僕は、真っ暗な中、車に乗って旅館に向かっていた。旅館に到着してフロントに行くと、ワクチンを接種したかどうか、チェックすると言う。僕はそのチェックのためシャツの腕をまくったが、その腕には、紫色の貝がいっぱいくっついていた。夢の中の「車」は現実的な生活。「旅館やホテル」は成長のための可能性。「ワクチン」は「薬」なのかなあ。「薬」だとしたら治癒、癒やし。「腕」は自分の能力。「貝」は、自分の気持ちを閉ざしていること。「紫」は、智慧や知識。それを解放していくことで癒やされるのかな。

11月9日夜の夢。僕は、静岡に朝5時に着く寝台列車に乗っていた。静岡駅に着くと、荷物を3つ抱えて在来線に乗り換え、ホテルがある駅まで行くことにした。しかし在来線は、遊園地にあるジェットコースターそのもので、うねうねと曲がりくねったレールの上を進んでいく。僕はそれに揺られながら、とりあえずホテルに着いたら寝ようと思っていた。またしても「ホテル」=成長の可能性。「乗り換え」は、異なるキャリアチャンスへの乗り換え。「ジェットコースター」は、浮き沈みを意味するけど、上下はしてなかったんだよなあ。

11月10日夜の夢。僕は、1両しかないモノレールに乗って、リーディング場所に向かっていた。キップには「山」という駅名が書いてあり、どうやらそこまで行くらしい。ただ、リーディングする相手の女性には、まだ連絡していなかった。「山」は、全体を俯瞰して把握する能力。

11月18日夜の夢。僕は、テレビ番組で、東北まで新幹線で行くチームと、自動車で行くチームに分かれて競争する企画に参加していた。僕は新幹線チームだったが、スタッフさんたちに『別々に行った方が撮れ高が高いですよね』と言っていた。夢の中の「テレビ」は、自分の人生を観察すること。

まあ、総じて今月も、あまりインパクトの強い夢は見なかったなあと。