NO PLAN NOTE 

ヒューマンデザイン・プロフェッショナル・アナリスト 市川丈夫のBlog

【ヒューマンデザイン】リーディングツアー初日:京都:インスピレーションからの連鎖反応

f:id:crystal0207:20220315170016j:plain

※2022年4月7日~9日 名古屋駅周辺にて対面リーディング募集中です。

※2022年5月8日~10日 大阪駅周辺にて対面リーディング募集中です。

今日から3泊4日の京都・博多リーディングツアーです。朝10時前の新幹線で一路、西へ。到着するのは12時過ぎで、そのまま最初のリーディングに向かうため、東京駅でヒレカツサンドだけ買って車中で食べることにしました。

f:id:crystal0207:20220315170031j:plain

三島あたりまでは曇っていて、富士山が拝めず残念だなあと思っていましたが……

f:id:crystal0207:20220315170046j:plain

富士市のあたりから急に晴れ、くっきりと富士山も拝めました。富士川を渡河。

f:id:crystal0207:20220315170101j:plain

f:id:crystal0207:20220315170112j:plain

浜名湖を通過。いい天気です。

f:id:crystal0207:20220315170121j:plain

今回素通りした名古屋には来月参ります。

f:id:crystal0207:20220315170136j:plain

f:id:crystal0207:20220315170146j:plain

伊吹山にはまだ雪が……なんてことを言っているうちに京都着。駅からすぐタクシーに乗り、御池通のホテルへ直行。荷物を預け、リーディングレポートとノートPCだけもってリーディング現場へ向かいました。

f:id:crystal0207:20220315170155j:plain

京都もいい天気でした。

f:id:crystal0207:20220315170202j:plain

そして寺町通りの「村上開新堂」さんにてお客様……というか、僕のヒューマンデザインのプロフェッショナルコースの同期さんと合流。四年ぶりの近況報告交えて、3時間ほど話し込んでしまいました。長居してすみません……(^_^;)

そもそも今回のリーディングツアーは、その方からレポート作成の依頼を受けたのですが、連絡を取り合ううち『じゃあ僕が京都まで行ってリーディングしましょうか』という話になったのです。しかし昨年末にも京都には行ったので、また京都で他のリーディングを募集するよりも、別の地域に行こうかなと。じゃあ博多だな……と、連鎖反応的にツアーを組むことになりました。

おそらくそれは、その同期さんの定義されたヘッドセンターから受け取ったインスピレーションだと思っています。以前もその方から『京都で特別講義をするなら紅葉の時期はホテルが混んでるから避けた方がいいですよ』と連絡を受けた後、『だったらいつやればいいんだろう?よし12月の前半だ』と思いつき、そのまま開催したことがあります。ヘッドセンターが定義されている人は世の中に30%しかいないため、僕もあまりその影響を感じることは無いのですが、そういう連鎖反応的な思考を引き出してくれた影響こそ、ヘッドからのエネルギーだと感じています。

もちろん、相手によってはそれが妙なプレッシャーに感じる場合もありますが、今日の方のインスピレーションには嫌な感じは無いんですね。そして前回、インスピレーションを受けて京都で特別講義を開催したおかげで、いろいろな方と出会えましたし、良いことにつながるインスピレーションだったと思います。まあ、今回の京都・博多ツアーも、また良いことにつながってくれると良いなあ。

f:id:crystal0207:20220315170211j:plain

リーディング終わって、同期さんとお別れし、ホテルへ。昨年末と同じく、ソラリア西鉄ホテルに宿泊しました。ただ、先月ひねった足がまだ痛いので、散策する気もせず、近くのコンビニで夕飯買ってきて部屋で孤食中です。

f:id:crystal0207:20220315195301j:image

まあPHS的には「洞窟」で「落ち着かずに」食べるのが合っているデザインですから、そんなもんで良いし、別にそれでも大丈夫な自分がいます。新幹線はグリーン車だったのに、夕食はコンビニという組み合わせも妙ですが、エゴがそれを望んでいるんだから仕方ないですねえ。

さて、リーディングツアー2日目の明日は博多に移動し、またリーディングです。博多に行くのは、サラリーマン時代の1998年以来、24年ぶり。ある意味、九州のヒューマンデザイン需要の偵察でもありますが、楽しみですねえ。