NO PLAN NOTE 

ヒューマンデザイン・プロフェッショナル・アナリスト 市川丈夫のBlog

【ヒューマンデザイン】マニフェスターに家事労働は似合わない

f:id:crystal0207:20220411195955j:plain

※2022年5月8日~10日 大阪駅周辺にて対面リーディング募集中です。

通常業務に戻り、今日もZoomにてフルリーディングをお伝えしました。

今日の方は、感情権威の5/1マニフェスターさん。すでに2018年頃にヒューマンデザインに触れ「マニフェスターは知らせることが大事」という御作法は知っていたそうですが、なかなかそれを実践する気になれなかったと。ただ、やはりここ数年、上手くいかず、あらためて「知らせる」ことに取り組んでみたところ、不思議なほどスムーズに行くようになったそうです。

たしかに僕もそうでしたが、マニフェスターにとって「知らせる」ってかなり面倒なことなんですよ。しかもジェネレイター仙骨反応と違って、自然と身体が動き出すわけではないため、意識的に「知らせる」必要があります。とは言え、いったんそれを会得してしまえば、自然と「知らせる」クセが身につくでしょう。

そんな今日の方のインカネーションクロス(人生の目的)は「相手の過去の経験を解き明かす聖者」というものでした。実際、今日の方は、トラウマ(精神的な傷)を癒やすメソッドも学ばれているそうです。たしかにトラウマも、過去の経験に起因すると言われていますし、その過去の原因を解き明かすことで、現在の症状を「聖者」として治療しているのかもしれませんね。

ただ、今日の方は、そのメソッドを生業にしてしまうと、感情的に気が乗らない相手にも対処しなければならないのが嫌で、仕事にすることは躊躇していると。まあ、そこもマニフェスターとして「場合によってはお断りする可能性があります」と知らせておけば良いかなと思います。また健康的に生きていけば、感情的に合わないお客さんとは出会わないでしょうし、感情マニフェスターを受け容れてくれる相手にも出会えるはずです。

f:id:crystal0207:20220411194906j:plain

今日の方はご結婚もされていましたが、料理などの家事はやらなくなり、マニフェスティング・ジェネレイターの夫さんにやってもらっているそうです。マニフェスターの女性は「女王様」であり、体力も少ないし、まして感情権威なら気分的に家事をやりたくない時もあるはずです。そんなマニフェスターの奥様が、ぎごちなく家事労働をしていることに、夫さんも違和感を覚えられたのでしょう。たしかに家事労働もジェネレイターの領分ですから、それをマニフェスターがやるのは越権行為とも言えますし、実際、似合わないでしょう。5番ラインの責任感としては『妻として家事をやらなければ』という意識もあったでしょうが、あくまで「女王様」のマニフェスターとして生きることで、それを受け容れてくれてもらったわけですね。

僕も以前、ヒューマンデザインの勉強会で、みんなにお茶を煎れようとしたら、ジェネレイターさんから『市川さんはそんなことしないでください、私がやりますからっ!』と軽めに怒られたことがあります。それ以来、そういうことはジェネレイターに任せていますし、それで良いのだなと。結局、人にはそれぞれ独特な立ち位置というものがありますし、それを受け容れ合える人と絆を結ぶことが大事ですね。

 

・ヒューマンデザインの個人フルリーディングを受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.comへご連絡ください。