NO PLAN NOTE 

ヒューマンデザイン・プロフェッショナル・アナリスト 市川丈夫のBlog

【ヒューマンデザイン】部族の階層構造(ヒエラルキー)と霊性(スピリチュアリティ)

f:id:crystal0207:20220529133351j:image

※2022年6月21日~23日 宮城県仙台市にて対面リーディングを募集します。

昨日はスーツを着て白金で優雅にお茶飲みながらリーディングでしたが、今日はジーンズにTシャツで自転車漕いでお墓参りです。生活の振れ幅よ……まあ、どちらかに偏ってもアンバランスなんでしょうね。今日は真夏日という予報だったので、朝早めにお墓に行き、10時過ぎには作業を終わらせました。

f:id:crystal0207:20220529133358j:image

そしてまた自転車で小一時間かけて帰る前に、近くの8代葵カフェに入ってブランチ的な休憩。アイスフルーツティーアサイーグラノーラでひと休みです。

僕のデザインは部族性(家族や仲間内)が薄いので、本来なら、家族や親戚づき合いは、あまり好きではありません。とは言えエゴ権威として、やりたいことしかやりたくないし、実際お墓参りも嫌々来ているわけではありません。これはやはり、墓参り=先祖の霊を大事にするという、第1クォーターの精神世界のこととして捉えているんでしょうね。また部族と霊的世界も、密接な関係にあるのです。

これは今日の星の位置ですが、この図を使って、部族の階層構造(ヒエラルキー)をご紹介します。部族では、お金を稼ぐことが重要視されますが、まず最初は、一番下のルートセンターにいる54番ゲート「野心を持った平社員」です。最初は『社長になりたい』『お金持ちになりたい』『成り上がりたい』というエネルギーから始まります。そこから32番ゲート「何にお金を使えば良いかわかっている財務部長」44番ゲート「相手の才能を見抜く人事部長」26番ゲート「嘘やハッタリが上手い宣伝部長」と昇進していきます。つまり部族的にお金を稼ぐのであれば、お金の使い道を見極め、社員や取引先の才能を見抜き、嘘やハッタリを駆使して商品を売ることが必要になるわけです。そしてさらに21番ゲート「現場を支配する社長」45番ゲート「不労所得を受け取る会長(王様・女王様)」へつながればゴールです。

またこの反対側には、結婚や、子供を作ったり、仲間同士で支え合うという部族性の流れもあります。ただしこちらの流れも、結局は「社長」⇒「会長(王様・女王様)」というチャネルに向かいますし、部族の出口は「会長(王様・女王様)」しかないのです。

ところが僕の場合、その部族ビジネスの流れはまったく無いし、結婚的な流れもありません。唯一ある部族性は、逆に「昔ながらの部族の忠誠を拒否する」なので、全然部族的じゃないんですね。その代わり僕には「精神世界へ入って行くイニシエーション(通過儀礼)」のチャネルがつながっています。このチャネルは、お金を稼ぐことを重要視する部族に対して『いや、お金を稼ぐだけじゃなく、目に見えない霊的世界、精神世界も大事だよ、こっちに来なさい』と言うのです。ここは本来、個人性のチャネルですが、部族的な流れに対して働きかける作用があるそうです。

実際、お墓参りもそうですが、部族には祖先の霊を信仰する側面もあります。部族には必ず、祈祷師(シャーマン)や巫女がいますし、このチャネルもそれを表しています。

最初に『どちらかに偏るのはアンバランス』と書きましたが、部族も、お金を稼ぐことと、祖先の霊を信仰することを、どちらも大切にすればバランスが保たれるのではないでしょうか。現実的にお金を稼ぐばっかりでも良くないし、と言って、地に足が着かないまま霊的な方向へ引っ張られ過ぎるのも良くないと。

とは言え僕のデザインからすると、部族ビジネス的な面はまったく無いので、霊的な方向に偏っていても良いのかなと。ある意味、部族的にお金を稼ぐことにはまったく興味の無い祈祷師(シャーマン)として、部族内の誰かを、霊的世界に引っ張りこむ(虚空に突き落とす)役割なんでしょうね。

 

・ヒューマンデザインの個人フルリーディングを受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.comへご連絡ください。