NO PLAN NOTE 

ヒューマンデザイン・プロフェッショナル・アナリスト 市川丈夫のBlog

【夢日記】空港、ホテル、書店、特別講座と勉強会

6月20日以降の夢をまとめて記録。ちなみにヒューマンデザインの夢分析ドリームレイヴによると、僕が見ている夢は個人的なものではなく、思考と肉体へのプログラミングであると(人間界の集合無意識からの影響もない)。そして僕の夢キーワードは「喜び:幻想」「環境:強迫観念」「飛翔:所有」……

6月21日夜の夢。空港に行って『チケット代のお支払いはまだですか?』と訊かれた。

6月25日夜の夢。ディズニーランドに行った帰り、トイレに寄った。トイレは混んでいて、なかなか僕の順番が回ってこなかった。

6月27日夜の夢。急にヒューマンデザインの、ノードの特別講座を開催することになった。受講者は5~6人いたが、まずは昼食としてサンドイッチを食べた。

6月29日夜の夢。大きなホテルに泊まる夢。ホテルの下には広い書店があり、ジーンズを履いた女性と目が合った。

Bookstore

7月7日夜の夢。僕は、リュックをしょって書店の仕事をしていた。男子パートはお休みの日で、今日はお店に天皇陛下が来る予定になっていた。

7月9日夜の夢。僕は野球選手という設定だった。試合が終わって球場を出ると、雨が降っていた。女性が迎えに来てくれて、一緒に自宅に戻った。

7月13日夜の夢。ヒューマンデザインの講座に出席する夢。しかし僕は、講師の話を聞く気がなかった。勤務先の書店に遅刻しそうになったが、店に連絡しようにも携帯電話が無い。仕方なくデパートの内線を使って連絡すると、現実ではすでに亡くなっている、当時のK店長が電話口に出た。

7月14日夜の夢。僕はホテルにいて、これからインドネシアに留学するところだった。荷物は揃っていたが、きっと現地は暑いんだろうなあ……と思った。

7月18日夜の夢。僕は、モデルの長谷川京子さん似の女性と、一緒に住むマンションの下見に来ていた。とても狭い部屋だったが女性は『子供を作るには狭い方がいい』と言う。

7月20日夜の夢。今度は、女優の松下奈緒さん似の女性と、洗面台で並んで顔を洗っていた。その後、2人でお土産物屋さんに買い物に行った。

7月23日夜の夢。駅前で火事があったらしく、救急車のサイレンが鳴っていた。僕は、空港に向かい、今からアイルランドに行くところだった。しかし火事のせいで出発時刻に間に合わなかったが、次の便で行けばいいやと思った。

7月25日夜の夢。僕は、学校の教師になったという設定だった。職員室にスーツを着て入ったが、何かつまらなく感じた。

7月26日夜の夢。僕は、書店での仕事を終え、ロッカーで着替え始めた。お腹が減っていたので、アルバイトのKさん(女性)と一緒にご飯にいくことにした。

7月29日夜の夢。明治期のドラマを観ていた。主人公の女性は、借金したせいで家が潰れたが、それでも高校を卒業したというヒロインだった。その女性は、今日から銀行口座を開設するというエピソードだった。

7月30日夜の夢。屋根の上に赤ちゃんがいた。なんでこんなところに思いながらも、その子を抱きかかえて家に入れると、家の前にその子の母親が来ていた。僕は赤ちゃんを返そうと、下の階に下りていった。

8月9日の昼寝中の夢。僕は、広い校庭を横切り、広いワンフロアの室内を横切っていった。同じ方向へ向かって、もう1人、誰かも校庭と室内を横切り、2人の進路がぐんぐん近づいてくる。同じ場所へ向かっているようだった。

8月13日夜の夢。僕は、ヒューマンデザインのテキストを翻訳している人たちとの勉強会に来ていた。僕の訳は、他の人たちとは違って、かなりくだけた訳だったが、まあいいやと自分で納得していた。

leopard

8月14日夜の夢。僕の部屋の床に、十数メートルはあろうかという縦穴があり、そこに長い地下茎が伸びていた。やがてその縦穴から、大きなヒョウが顔を出した。

 

……とまあ、いつものように取り留めもない夢ばかりだけど、ドリームレイヴ的には、僕は「環境」の夢を見るそうです。たしかにこうして列記してみると、空港、ホテル、書店、ヒューマンデザインの勉強会といった「環境」が何度も出てきています。そういった「環境」的なエネルギーを感じて目を覚ますことで、翌日へ肉体を調整しているそうです。空港は旅する環境、ホテルは休む環境、書店は知識を手に入れる環境、勉強会はヒューマンデザインを学ぶ環境……そういった夢を見た翌日は、旅をしたり、休んだり、知識を得たり、ヒューマンデザインを学ぶように肉体を突き動かされている(強迫観念)のかもしれませんね。