NO PLAN NOTE 

ヒューマンデザイン・プロフェッショナル・アナリスト 市川丈夫のBlog

【ヒューマンデザイン】土星逆行終了:自分の真上で土星がUターンしていく

f:id:crystal0207:20221024163639j:image

※2022年11月11日~15日 長野・金沢でリーディング募集中です。

※2022年11月19日~21日 仙台にてリーディング募集中です。

今日は、午前中にレポートを1本仕上げて、午後から久しぶりに新浦安へ。コロナ禍の影響でしばらく営業していなかった、オリエンタルホテルのラウンジでお茶でも飲もうかな?またリーディングに使えるかな?と思って14:40頃に着いたら、なんと14:30ラストオーダー、15:30営業終了だそうで入店できず。うーん……ほぼ2年ぶりに来ましたが、ここももう、場所との縁が切れた感じだなあ(時々そう感じることがあります)。

f:id:crystal0207:20221024163646j:image

というわけで、いつもの津田沼ロイヤルホストで一服です。明日は健康診断だというのに、甘いマロンパフェ頼んでしまいましたが、まあいいでしょう。

それはともかく昨日で土星の逆行が終わりました。土星は、6月5日から逆行していましたが、10月4日23:56に13番ゲート「人生経験の聞き手」「同志」13.6「いつか良い関係になるだろうという希望を持つ楽観主義者」というラインまで戻ってきて、今そこでUターンし、11月10日19:53までこの位置にあります。この時期は、相手の話を聞く気になれなかったりする、と書きましたが、その影響はいかがでしょうか。

僕自身、まさにその13.6「楽観主義者」が出生時の太陽の位置なので、人生のメインテーマにもなっています。そのネイタル太陽の上で、土星が1ヶ月以上も滞在してUターンしていくのって、なかなか珍しい経験ですよね。土星は2020年末に水瓶座に入りましたが、個人的には、土星水瓶座期のピークなのかもしれません。

占星術的には、トランジットの土星と、ネイタルの太陽が重なる場合、「ひとつ大人になる」「自分の足で立って歩く」ためのプレッシャーがかかると言われますが、まあ、たしかに2020年末以来、ヒューマンデザイン活動に関しては独立的な方向に進んできましたね。基礎講座や特別講座は止め、基本的にリーディングのみとし、オンライン勉強会で気の合う人たち(同志)とだけ集まり、出張リーディングで各地に飛ぶと。水瓶座土星のホームなので、プレッシャーを受けつつも、恩恵も被ってきた感じでしょうか。その最終的な仕上げが、この10月4日~11月10日なんですかね。ちなみに翌11月11日からは、長野、金沢に出張に行きますが、今のところ、たいしてリーディング予定は入っていないので、土星が脱けたお疲れ様旅行になるんじゃないかと(^_^;)

そして前回、トランジット土星が、ネイタル太陽に重なったのはいつだったっけ?と「Ephemeris」で確認したら、1993年1月でした。うーん……(記憶の糸をたぐりよせる)……24歳になる直前……社会人1年目(書店員)で、仕事にも慣れた頃。年齢の近いアルバイト、パートさんたちと仕事終わりに遊んでたなあ。まだ市川の自宅から、池袋まで片道1時間かけて通っていたけど、この年の9月に豊島区千川で一人暮らしを始めたなあ……

この時、土星は1991年11月から水瓶座に入り、1993年9月まで水瓶座にいましたね。そうか、大学4年の就職から卒業、社会人1年目、2年目からの一人暮らし、までが前回の土星水瓶座期だったんだなあ。たしかに社会人として大人になった時期だったし、ぎりぎり滑り込みセーフで一人暮らしも始めたってことか。

ってことは今回の土星水瓶座期も、来年3月7日まで続くから、そこまでにまだ、大人になる必要があるかもなあ。あと半年弱ですが、何かやり残した課題があるのかも。

そしてその後、来年3月23日から、入れ替わるようにして冥王星水瓶座入りします。こちらは、さらに長い滞在なのでどうなることやら……

 

・ヒューマンデザインの個人フルリーディングを受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.comへご連絡ください。