NO PLAN NOTE 

ヒューマンデザイン・プロフェッショナル・アナリスト 市川丈夫のBlog

【ヒューマンデザイン】未定義部分は「抜け感」

f:id:crystal0207:20221130164823j:image

※2022年12月13日~17日 広島・博多にてリーディング募集中です。

※12月18日~2023年1月6日まで年末年始休みとさせていただきます。

今日は、渋谷にてフルリーディングでした。昨日の新宿も一年ぶりでしたが、今日の渋谷も一年ぶりです。僕自身の誕生日の88日前ゾーンに入ってから、また都内でのリーディング機会が戻ってきたので、ここから先の一年はまた都内近郊に回帰ですかね。しかしあまりにも久しぶり過ぎて、地下鉄から上がってきたら全然違うとこに出てしまったり、一年ぶりのエクセルホテル東急のラウンジも、注文方法がスマホQRコードを読み取る方式に変わっていて、東京離れのブランクを感じましたね……(^_^;)

f:id:crystal0207:20221130164830j:image

そんな今日の方は、感情権威の3/5エネルギー・プロジェクターさん。そして非常に珍しいクアドルプル・スプリット定義……9つのセンターのうち、仙骨センターだけが未定義で、残り8つの定義センターが4つのグループに分かれているというデザインでした。

当然、そのたったひとつの白い未定義センターである仙骨(生命力、繁殖力、働く力)に、強烈な条件付けやプレッシャーがかかりますが、やはり以前、深夜帯に働くお仕事をされていて、死ぬ寸前まで身体を壊してしまったと。白い仙骨は、ほどほどの労働がわからないんですね。今はそのお仕事を辞められて、のんびりされているそうですが、辞めるかどうかという決断にも4年近く時間をかけられたそうです。それも感情権威であり、クアドルプルであるからこそ、決断に時間がかかったのでしょう。

また今日の方のインカネーションクロス(人生の目的)は「家族や仲間のために必要だからこそ、自分の行動を変える」でした。深夜帯に働いていて、一時は声が出なくなったそうですが、そのような状態をご家族の方がご覧になったら「頼むからそんな働き方は止めてくれ」と思われたでしょうね。それをプレッシャーとして感じることは無かったそうです(なにしろ定義センターが8つですから、他人の影響は受けにくいはず)が、どこかでそれを感じていたかもしれませんね。

またプロファイル3/5の5番ラインは、無意識に問題意識を抱え、悪くすると責任感や罪悪感も抱えてしまいます。そして5番ラインは、世の中の「普通」に毒されやすいため、「みんなが働いているんだから、お前も働け」というプレッシャーに脅されているような感覚もあったそうです。しかしそこで、未定義の仙骨で無理して働くと、心身を壊してしまうので、無理はしない方が宜しいでしょう。

まあ、8つのセンターが定義されていれば、根性も意志力も直感もあり、方向性も安定し、コミュニケーションもしっかり取れ、思考も整理できているため、周囲からは「何でも出来るでしょ」と思われがちです。また5番ラインも「当然できるよね」という投影をしますから、まさかその人が働くタイプではない、なんて分からないでしょうね。

ご本人も御自分で「あまり「抜け感」は無いかもしれません」と仰っていましたが、なるほど、未定義部分を「抜け感」と表現するのは面白いですね。たしかに未定義センターは、頼りなく不安定ですが、逆に言えば、可愛げのある「抜け感」的な部分なんですよね。それはそれで魅力ですから、あるがままのゆるさを表現していただければと思います。そこで無理してしまうと、周囲から「よせばいいのに」「無理しちゃって」と、可愛げの無い人に見られてしまうので、ある意味、損ですよね。

これをお読みになっている皆さんも、御自分の未定義センターを「抜け感」という魅力として、ゆるく表現してみてはいかがでしょうか?

 

・ヒューマンデザインの個人フルリーディングを受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.comへご連絡ください。