読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・システム認定プレアナリスト+LYDガイド 市川丈夫のBlog

ハーモニック・コンバージェンス

日常 占星学 13の月の暦/ドリームスペル

ジョナサン・ケイナーの星占い 2013年7月27日

最近起こったハーモニック・コンバージェンスは、依然として私たちに強い影響を及ぼしています。この特別な星位には、ゆっくりと運行する惑星が関わっています。その惑星が特定の位置に移動するまでには時間がかかるのですが、そこから離れるのにはもっと時間がかかります。土星海王星、および木星と火星がグランド・トライン(正三角形)を形成するかたわらで、更に三つの天体が別のグランド・トラインを形成します。こちらは運行速度の速い月が関わっているので長くは続きませんが、この週末、月、金星、冥王星が形成する正三角形が、前述した正三角形に重なって、短い間ではあるものの、吉兆に満ちた六芒星ホロスコープ上に描かれます!

ジョナサン・ケイナーの星占い 2013年7月29日
吉兆アスペクトが続いているものの、今日の六芒星の形は目で見えるものではないことをお伝えしておかなければなりません。黄道帯図に天体の位置を記したときにはじめてこの形が浮かび上がってきます。これは私たち占星術師がホロスコープを作成するときと同じ手法です。地平線の下にあるものは私たちにも見えませんからね!ですので天文表を参照しなければなりません。夜空が曇っているときも……日中に太陽の光で他のすべてがかき消されるときも、私たちの頭上に何があるのかを知るためにはこれらの表が必要となります。

ハーモニック・コンバージェンス=六芒星の形成は、今夜21:00だったとか。なんとなく縁起が良さそうだったので、その時間ちょうどに原稿を送ってみました。うまいことOKが出ておくれ……って、いやハーモニック・コンバージェンスって、地球規模の平和と調和を祈るものだから、もっと意識高いこと願わないと(^^;)

コズミック・ダイアリー2014

コズミック・ダイアリー2014

  • 作者: 柳瀬宏秀
  • 出版社/メーカー: 環境意識コミュニケーション研究所
  • 発売日: 2013/07/06
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

さてハーモニック・コンバージェンスを提唱したホゼ・アグエイアスも用いている260日周期によると、今日2013年7月29日は、磁気の月、青いスペクトルの手、と云う日にあたるとのこと。その意味合いとして、解放、溶かす、遂行、知る、癒す、が挙げられていました。とりあえず仕事をひとつ終わらせたので、解放は解放ですが、やはりこちらも、個人的ではなく、もっと大きな意味での解放を考えるべきかと。

と言っても、そのように大きな解放や癒しが、すぐに表れるかは不明なので、とりあえず今夜は「今日がその日だったよ」と書き記すだけにしておきましょう。後日、読み返して「ああ、やっぱり……」と思えれば良し。思えなくても良し。

しかしもっと興味深いのは、ハーモニック・コンバージェンスの当日=1987年8月16日はKIN55「青い電気の鷲」の日なんですが、実は僕が生まれた1969年2月7日もKIN55なんですよ。なるほど道理でハーモニック・コンバージェンスという言葉に惹かれたんだなあと納得。こういった日付が妙に気になる時は何かある……と思っていたら、まさにハーモニック・コンバージェンスとシンクロしていたようです。うんうん。