NO PLAN NOTE 

ヒューマンデザイン・プロフェッショナル・アナリスト 市川丈夫のBlog

【ヒューマンデザイン】ストラテジーと権威

「4つのタイプ」「12のプロファイル」に続いて「ストラテジーと権威」を簡単に解説した固定ページを作ってみました。チャートを読む時の参考にご活用ください。

 

 

・ヒューマンデザインの個人フルリーディングを受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.comへご連絡ください。

【ヒューマンデザイン】12のプロファイルについて

風邪も治ってきたので、「4つのタイプ」に続き「12のプロファイル」について簡単に説明した固定ページを作成しました。上記のリンクから入るか、このBlogをPC画面からご覧になっている場合には、右側のサイドバー部分にリンクが貼ってあります。今までプロファイルについて言及してきた主要なBlog記事もリンクさせてありますので、データベース的にご活用ください。時間があれば、今後さらに「定義」「ストラテジーと権威」「9つのセンター」「64のゲート」「36のチャネル」「インカネーションクロス」等の固定ページも作る予定です。

 

 

・ヒューマンデザインの個人フルリーディングを受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.comへご連絡ください。

【日常】風邪気味

十年に一度の寒波と言われた26日(木)の朝、起きたら喉が痛かったのです。しまった、そういや加湿器使ってなかったなと思いつつ、当日のオンライン・リーディングは何とかこなしたものの、関節も痛みだしたので午後から休養。昨日27日(金)も、午前中にレポートを1本仕上げてから、午後は休養。そして今日28日(土)も、本来ならオンライン・リーディングでしたが、お客様も体調不良ということで延期に。こちらとしては、まる一日休めるのでありがたいことです。

とりあえず熱は出ていませんが、身体もダルいので、風邪薬、葛根湯、ユンケル、喉飴を投入して、今日も一日布団に入って休んでいました。まあ、寝込むほどではないんですが、早めに治したいので。

しかしここ数年のコロナ禍では消毒や殺菌に気をつけていたので、風邪をひいたのも久しぶりです。このblogで確認できる限りでは、2018年12月以来、4年以上ぶり。まあ、コロナには罹っていないのに普通の風邪ひくのも変な話ですが、ちょうど来週の土曜日までリーディング等の仕事は入っていないので、しばらくお休みモードですね。皆様もお気をつけください……

【ヒューマンデザイン】マインド(思考)は、自分本来のインカネーションクロスに興味が無い

Incarnation

今日も、オンラインでフルリーディングをお伝えしました。

今日の方は、直観(脾臓)権威の5/1エネルギー・プロジェクターさん。事前のやりとりで『あまり直観は活かしていないと思います』と仰っていたのですが、どうやら5番ラインの普遍性に条件付けられ、世の中の常識を重要視されていたようです。また今日の方はアジュナも未定義だったため、『みんな働いているから、私も働かなければ』という考えにも染まってしまったかもしれません。幸い、今は忙しく労働はされていないそうなので、引き続き身体を休めつつ、体力を消耗しない形で活動していただければと思います。

一応、直観に関しては、たまたま選挙カーが自動車事故を起こしたのを見た時に『あの政党には投票するのを止めておこう』と感じたことがあると。多分それも直観なんですよ。同じように自動車事故を起こした選挙カーを見ても『ああ、可哀想だな』とか『乗っていた人は大丈夫かしら?』と思うことだってあるはずです。でも同じ現象を見ても、危険に感じることもある。それはやはり、生存本能のサインではないでしょうか。

そんな今日の方のインカネーションクロス(人生の目的)は「過去世的なつながりがある人たちと絆を結ぶ」でした。僕も今まで何度か、この「受肉(転生)のクロス」の方にお会いして、実際に過去世を覚えている方もいらっしゃいましたが、今日の方は特にそのような記憶や感覚は無いと。まあ、インカネーションクロスは自分らしく生きていると出会える……と言われているので、ここから先、自分らしさを取り戻していくうちに、誰かと出会って既視感(デジャヴュ)を覚えるとか、異文化に惹かれることがあるかなと。

そして自分の過去世を思い出すことがゴールではなく、過去世的なつながりのある相手を直観的に見抜き、そういった人たちと人間関係を結ぶことが今日の方の目的でした。そういう意味では、過去世よりも、人間関係の方が大事になってきます。そうお伝えすると、ご本人はスピリチュアルなことにご興味があったせいか、非常に驚かれていましたね。『いや、私はスピリチュアルな方がいいんですけど』みたいな(^_^;)

まあ、そこで本来のインカネーションクロスを嫌がっているのも、マインド(思考)なのです。僕自身も、最初に自分が「マスクのクロス」=衣装が大事だと知った時は『いや俺は別に洋服なんて興味がないんだけどな』と思いましたよ。でも結局、本来の自分を取り戻していくうちに、オーダースーツを作ったり、石のブレスを身につけたりして、自分なりの衣装が出来てしまいましたね。そんなものです。

実際、今日の方のマンダラを拝見すると、精神世界を意味する領域にほとんど星が入っていませんでした。つまり『スピリチュアルなクロスの方が良いなあ』という考えも、実は精神世界的なテーマが無いからこそその領域を追い求めてしまうという、インカネーションクロス的なNot Self現象かと思われます。ですので、その領域から離れてみるのも良いでしょう。もちろんこれは『絶対にスピリチュアルな領域に関わるな』という話ではありません。あくまでも、あなたの人生のメインテーマはそこではありませんよ、というお話です。

この、マンダラからインカネーションクロス的なNot Selfを分析する手法については、以前、特別講義でもお伝えしましたが、最近はそういった機会も無くなったのが残念ですねえ。そこも理解できると、自分が進むべき方向がより如実に分かるんですけどね。

 

・ヒューマンデザインの個人フルリーディングを受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.comへご連絡ください。

【ヒューマンデザイン】Rave New Year 2023

sunrise test2

書くのが遅れましたが、2023年1月22日16:39にヒューマンデザイン的な新年、Rave New Yearとなりました。毎年、太陽が41番ゲート「収縮・減損」に入った時点でRave New Yearとなります。このゲートは、エネルギーが減ってゼロスタートとなるゲートです。そこから心機一転、これから一年どうしようかなと想像するイマジネーションのゲートでもあります。それでは毎年恒例、2023年のRave New Yearも分析してみましょう。

その前に昨年2022年の予測を振り返ってみると「コロナ禍以外でもさまざまな「制限」「限界」に直面する」「お金や資源を蓄えられない人たちが現れる」と書いてますね。たしかに引き続きコロナ禍の制限があったり、エネルギー不足もありますが、さすがに2022年のチャートからウクライナ戦争を予見することは出来なかったですねえ。ああいうのは、個人チャートの方が表れやすいんですかね。ちなみにウクライナのゼレンスキー大統領(直観権威の4/6マニフェスター)は「予期せぬリーダーシップ」のクロス生まれで、ちょうど昨年がウラヌス・オポジション(人生前半・後半の境目)でしたね。

ここ数年のRave New Yearを振り返ってみると、2019年は3-60「突然変異」チャネルがつくエネルギッシュな年で、そこから一転、コロナ禍が始まった2020年はどのセンターも定義されない無風状態でした。2021年はそのコロナ禍で感情的になったり、頭でどうにか対処しようとした一年。そして2020年はまた無風状態……という、アップダウンが続いていました。そしてまた今年、2023年は非常に感情的な配置になっております。

まず今年は、41番ゲート「収縮・減損」の反対側、30番ゲート「フィーリング・情熱の炎」にも土星が入り、41-30「認識」チャネルがつながっています。ここは広い社会に対して、アイデアや想像力を広め、相手の情熱に火を点けようとするところです。たとえばエネルギー危機だ、物資不足だ、賃金が上がらないといった「収縮・減損」のテーマに対して『エネルギーやお金が無いなら、こうやって工夫すればいいじゃない』と提案する力になるでしょう。木星以遠の外惑星は「成長」を促すテーマを下ろしてきますし、30.1▲「制限が最大化されても、感情的には冷静で安定する」ですので、エネルギーや物資が不足しても、むしろ感情的にならないことで成長できるでしょう。

しかし危険なのは、41番ゲート「収縮・減損」は想像力=妄想のゲートでもあります。世の中のエネルギー不足に対して、頭の中の妄想だけで『ああすればいいよ、こうすればいいよ』と周囲の人たちを焚き付ける扇動家になる場合もあるのです。そういったフェイクニュースに対しても、あくまで冷静に、踊らされないことが大切です。

また海王星36番ゲート「危機・光が隠される」にあります。この41番ゲート30番ゲート36番ゲートは、喉センターに向かっていくチャネルのつながり(ストリーム)ですから、エネルギーや物資が不足して、未経験の危機となる可能性もあります。さらに感情的に『ああ、この世は闇だ、真っ暗だ』と感じる可能性もあります。そしてその先の35番ゲート「変化・発展」は無いため、具現化もできず、発展もできなくなると。そのような感情的な落ち込みにも引っ張られないよう注意してください。

さらに2023年は、同じくルートから感情(太陽神経叢)センターへと向かう、19-49「総合体」チャネルもつながっています。ここは19番ゲート「要求・接近」が『私と家族になりましょう、結婚しましょう』とアプローチし、49番ゲート「原理・革命」が『私にはこういう主義主張や正義(原理)があります。それを受け容れてくれるなら家族になりましょう、結婚しましょう。ダメなら離婚(革命)しましょう』と言って、家族という「総合体」になるチャネルです。またここは、世俗的な生活(衣食住)+宗教的原理という「総合体」でもあります。ご飯を食べる時に『いただきます』と手を合わせて一礼するのも、食事に対する宗教的御作法です。ですのでこの19-49「総合体」には、ごく平凡な夫婦生活から、部族的かつ宗教的共同体までが含まれます。

そのチャネルに今年は、月と金星が入っています。こういった太陽に近い惑星は、その年に「出会う人々」だと言われています。つまり、皆さんの周囲に、結婚する人たちが現れるかもしれませんし、離婚する人が目につくかもしれません。大きい意味で言えば、宗教的な共同体が形成されるかもしれませんし、分裂するのかもしれません。また部族的な国家や組織での「革命」があるのかもしれません。ただ、ライン的には、1番ラインと6番ラインという不調和なつながりなので、たまにつながるかもしれない程度かなと。

月が入っているのは、19.1▼「いったんアプローチが受け容れられると、考え込みすぎて、発展が犠牲になる」「最終的に拒絶されることを恐れるプレッシャー」です。そもそも19番ゲート「要求・接近」は、ただ単に好きだから相手に接近するのではありません。衣食住といった資源が欲しいから、相手に近づくのです。それこそエネルギー不足や、収入が減る中で、一人暮らしするにはコストがかかる、だったら誰かと一緒に暮らして、収入を併せて生活した方がいいんじゃないか……というゲートです。ただ、誰かと暮らすことによって、自分個人のアイデンティティが失われてしまう可能性もあります。結婚した途端に、個人名ではなく「市川さんちの奥さん」とか呼ばれちゃうようなもんですね。そういった犠牲を払うかどうか、そしてアプローチ(プロポーズ)を断られたらどうしよう等と悩んでしまうと。

一方、金星は49.6▲「傍観者すらも、関係者に変えてしまう魅力的なインパクト」か、▼「頑固で神経質な、破滅的な拒否主義者」にあります。たとえば社会的な革命で言うなら、今まで革命を見物していた人が、急に革命に参加してしまうぐらいの魅力なのです。結婚で言えば、ずっと独身を貫いていた人が、インパクトを感じる相手と出会って急に結婚するとかね。あるいは逆に、どんな相手からアプローチされようが、破滅的なまでに相手を拒否して独身を貫くような人も現れるでしょう。

しかしこの2本のチャネルを見ると、エネルギーや資源不足の苦しい時だからこそ一緒に支え合っていこうと結婚するカップルもいるでしょうし、逆に収入が減ったのを機に『金の切れ目が縁の切れ目』的に離婚してしまうカップルも現れそうですね。

そして2023年前半(1月22日~7月24日)の環境を表すサウスノードは、44番ゲート「警戒・出会い」にあります。つまり感情を焚き付けてくる人にしろ、アプローチしてくる人にしろ、結婚する相手にしろ、脾臓の直観を活かして警戒しなさいよということです。

また2023年後半(7月24日~来年1月22日)の環境を表すノースノードは、24番ゲート「合理化・反復」にあります。結婚するにしろ、離婚するにしろ、自分なりの答えは何度も何度も熟考してから結論を出しなさいということですね。

この環境的テーマは昨年11月27日から始まっており、2月6日には終わります。しかしRave New Yearで刻印されたため、2月6日以降も引き続き、2023年全体の環境的テーマとして現れてくるでしょう。

 

まあ、長々と書きましたが、自分の「ストラテジーと権威」に従っていれば、あれこれと星の影響があっても、それに引っ張られず、本来の自分をキープできるはずです。ただ、こういったことに注目しておくと、実際それが起きた時に答え合わせが出来ますので、ヒューマンデザインを学んでいる皆さんは2023年を観察する目安として、覚えておくと面白いですよ。その答え合わせはまた来年に……

 

・ヒューマンデザインの個人フルリーディングを受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.comへご連絡ください。

【ヒューマンデザイン】直観(生存本能)で選んだ相手なのかどうか

f:id:crystal0207:20230124150209j:image

今朝は6時半頃に朝風呂、そしていつものようにのんびりストレッチです。しかしヨガ的なポーズを決めるにはちと部屋が狭かったり。そして7時半頃に、前日に買っておいた「おむすび権兵衛」のじゃこ玄米をメインに朝食です。リーディングは10時からだったので、直前まで部屋でのんびりしてからチェックアウトし、ホテル1階のラウンジにてお客様とお会いしました。

f:id:crystal0207:20230124150217j:image

今日のお客様は、直観(脾臓)権威の4/6マニフェスターさん。プロファイル6番ラインですから、29歳と50歳前後が転機となりますが、まだ30代後半でしたので人生の屋根の上段階です。すでにご結婚され、子育て中だそうですので、お子さんが成長された50歳頃には、屋根から下りて人生の本番を迎えられるのでしょう。その一方、マニフェスターらしく起業もされ、かなり成果も上げられているようですが、働き過ぎている感覚もあり、昨年あたりからいろいろ手放していると。まあ、30代の6番ラインですから、今のお仕事もあくまで人生の本番までの場つなぎかもしれません。ご本人も、方向性のGセンターが未定義のせいか、自分がこれから何をやっていくのか、何を発信していくのか、ぽっかり穴が開いているような感覚があると仰っていましたね。

そこはもちろん直観権威ですから、仕事にしろ人間関係にしろ、迷った時は直観的にピン!と来たものを選んでくださいと。なにしろ脾臓からの直観は生存本能ですから、生死に関わるサインを出すはずです。それを無視してしまうと致命的なダメージになるから気をつけてくださいね……とお話すると、しばらく考え込まれてしまいました(^_^;)

今日の方は、パーソナリティの地球が64番ゲート「混乱・実感」=過去の人生経験の意味について考えるゲートだったせいか、ここ数ヶ月の(さらにはそれよりもっと以前の)人間関係について、御自分の直観的なサインを思い出されたようです。果たして今つながっている人たちは、直観で選んだのだろうか?と……

今日の方は、感情もルートも仙骨センターも未定義ですから、相手からの感情を受け取ってしまえばそれを200%増幅してしまいます。異性から『好きだ』という好意を向けられたら、それを自分の感情だと誤解する可能性があるのです。また未定義のルートは、相手からのプレッシャーに弱く『俺とつきあってくれ』と押されたら、それに呑み込まれてしまうかもしれません。さらに未定義の仙骨は、相手からの性欲も受け取り、それを増幅する可能性だってあるわけです。そのように相手から入ってきたエネルギーを自分のものだと思わずに、あくまで自分の直観で決断することが大切なのです。

しかし感情、プレッシャー、性欲といったエネルギーに比べると、直観の声ってすごく小さいんですね。相手の強い感情やプレッシャーや性欲に圧倒されて、直観の声が聞き取れなかったり、無視してしまう可能性も高いので注意してほしいところです。

また今日の方は、44-26「身をゆだねる」「楽して稼ぐ」チャネルもお持ちでした。実際、今までもだいぶ稼がれたようですが、まだ楽をするレベルではないと。それももしかしたら、上手くいくビジネスや、才能のあるビジネス・パートナーを直観的に選んでいないのかもしれませんね。このチャネルは、いわゆる「鼻が効く人」であり、ビジネス的な商機を嗅覚で嗅ぎつけると言われています。そのため香水や芳香剤を使うと、その匂いがわからなくなるから使わない方が良く、今日の方も普段、そういったものは使っていないと。ただ、人と会う時だけ、一般的なオシャレとして香水を使っているそうです。うーん……できれば人と会う時こそ、香水をつけないでほしいんですよね。それも相手の本質を見逃してしまうことになりますからね。

そういった生存本能や、野生の勘に耳を澄ませてみると、誰とつき合えば良いのか、誰が危険なのか、ふとした瞬間にわかるのではないでしょうか。そしてその直観をつかんだら、それに従って行動し、行動する前には知らせましょう。その御作法さえ守れば、40代、50代の転機も乗りきっていけるはずです。

f:id:crystal0207:20230124150223j:image

そんなリーディングを終えて、今回の一泊リーディングツアーも終了。JR大宮駅で鉄火巻きを買って、帰りの上野・東京ラインの車内でお手軽ランチです。でも東京駅まで30分弱なので、食べ終わって一息ついたらもう上野でしたね(^_^;)

でも、こうして近場に一泊するのも良い気分転換になりますね。来月もすでに都内でのリーディングに合わせて前泊する予定を入れてあるので、引き続き近場ツアーを楽しみたいと思います。

 

・ヒューマンデザインの個人フルリーディングを受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.comへご連絡ください。

【ヒューマンデザイン】大宮前乗り、氷川神社、天王星順行へ

f:id:crystal0207:20230123121215j:image

明日は朝から大宮でリーディングなのですが、休養がてら、大宮に前乗りで宿泊することにしました。言うなれば近場の一泊リーディングツアーです。いや大宮なんて地元駅から1時間で行けるので、わざわざ前泊する必要なんてまったくありませんが、正しい環境が「洞窟」な僕としては、月イチぐらいで近場のホテルでも泊まって英気を養いたいなと。あとBooking.comの宿泊回数を増やしてレベルを上げたい(割引率が上がる)という理由もあったり。

ということで、今日はお昼前に地元を出て、いつものように東京駅のメルヘンでサンドイッチ買って、高崎線宇都宮線快速の車内で食べればいいやと思ったら、ダイヤが乱れていて東京駅発が無く、常磐線上野駅まで行って高崎線に乗り換えました。今日から天王星が順行に戻りましたが、その影響なのかなと思ったり。まあ、僕自身も天王星が守護星の水瓶座生まれですから、わざわざ大宮前泊などというトリッキーな天王星的手段を取っておりますが(^_^;)

大宮には12時半頃に到着。今回はさすがに1泊なのでスーツケースではなくリュックで来ましたが、それなりに重いので駅のロッカーに預け、身軽になって散歩に出ました。チェックインは15時なので、まだだいぶ時間がありますしね。

f:id:crystal0207:20230123145013j:image

f:id:crystal0207:20230123145020j:image

せっかくなので久しぶりに氷川神社(武蔵国一ノ宮)にお参りすることにしました。こちらに来るのは2017年3月以来、ほぼ6年ぶりですね。まだキロン・リターン前だなあ。

f:id:crystal0207:20230123145030j:image

f:id:crystal0207:20230123145040j:image

f:id:crystal0207:20230123145047j:image

f:id:crystal0207:20230123145053j:image

久しぶりにお参りしましたが、大宮駅からも近くて行きやすい一ノ宮ですよね。下総国香取神宮や、常陸国鹿島神宮だと、今でも電車の本数が少ない遠隔地にありますが。いや、今でこそ大宮という都市部の真ん中にありますが、昔は江戸からお参りしたわけで元々は遠隔地だったのか。

f:id:crystal0207:20230123145059j:image

氷川神社から往復1時間ほどでまた大宮駅に戻り、古書店をチェックして(またかよ)、今夜の夕食と、明日の朝食を買い込んだり。そう、今回は朝食なしの素泊まりです。いや本当は地元の名物でも食べたかったんですが、あいにく大宮や埼玉で食べたいモノが思い浮かばず……ローカルチェーンの「山田うどん食堂」でも行こうかと思いましたが、ぐぐって見たらどの店舗も街道沿いばかりで、うーん、だったらコンビニ飯でいいかと。

f:id:crystal0207:20230123152310j:image

ということで15時に、今夜のお宿、大宮パレスホテルにチェックイン。明日はこちらのホテルのラウンジでリーディング予定です。

f:id:crystal0207:20230123152314j:image

今回はSiena IIリュックに、洗面道具と電気機器のポーチをひとつずつ入れ、さらに着替えワンセット、そしてノートパソコンを詰め込んできました。旧モデルより容量が増しただけあって、1泊ならこれで十分ですね。その分、重くはなりますが、ハーネスも付いているので、しっかりホールドした形で背負えました。

f:id:crystal0207:20230123182014j:image

部屋に荷物を置き、また1階に下りて、明日使うラウンジに入ってみました。初めて使う場所なので一応確認しませんとね。そういやヒューマンデザインの活動10年目にして、大宮でリーディングするのは初めてです。まあ、埼玉の方とは、ほとんど都内でお会いすることが多かったですからね。

ラウンジの確認も終わったところで部屋に戻り、冷えた身体を温めるべく、いったんお風呂タイム。その後は夕食までのんびりと「洞窟」時間を楽しみました。

でもまあ、自宅から1時間で来れる日常的な範囲ですが、こうしてホテルをとって、地元の名所にも行ってみると、それなりに旅行気分が味わえますね。

f:id:crystal0207:20230123191313j:image

そして孤独な出張おじさんの「洞窟」夕食タイム。昨年の長崎ヒルトンや、仙台ウェスティンが嘘のような地味な晩餐です。いやでもこれはこれで好きなんですよ。普段まったくカップラーメンも食べないので、たまには良いんじゃないでしょうか。

さて、先にも書きましたが、昨年8月24日から逆行していた天王星が、本日から順行に戻っていきます。天王星は現在、2番ゲート「自分独特の方向性」「運転手(磁気単極子)」にあるため、昨年から自分の方向性の見直しが続いてきたわけです。マインド(思考)で『あっちに行こう、こっちの方が良さそうだ』などとは考えずに、人生のハンドルは自分で握らず、自分の中にいる運転手(高次の自己:ハイアーセルフ)に運転を任せて、肉体が向かうままに進めば、自分らしい方向に向かえます。そのように自然と自分の方向へ向かえるかどうかが、ここ数ヶ月の天王星のテーマでした。

そして天王星は「秩序と混沌」の星ですから、正しい方向に向かえば秩序を取り戻し、間違った方向に向かえば人生が混沌としてきます。今日から天王星がギアチェンジし、自分が向かっている方向が正しかったのかどうかも、ここから先で明らかにされるかもしれませんね。

天王星は5月9日まで「自分独特の方向性」にいるので、引き続き5月まで、自分なりの独特な方向を見極めてみてください。

 

・ヒューマンデザインの個人フルリーディングを受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.comへご連絡ください。