NO PLAN NOTE 

ヒューマンデザイン・プロフェッショナル・アナリスト 市川丈夫のBlog

【ヒューマンデザイン】公式アプリ「Maia Mechnics」

f:id:crystal0207:20210922182021p:plain

Jovian Archive(ヒューマンデザインの創始者ラーの遺族が運営)から、新しい解析アプリ「Maia Mechnics」が発表されました。新規ユーザーは14日間無料で使え、既に解析ソフト「Maia Mechnics Imaging」を使っているユーザーはさらに3ヶ月無料で使えるそうです。そして無料期間が終わった後は、有料3コースに移行するかどうか、決められると。有料コースは、Basic(月6ドル)、Essential(月10ドル、サイクルチャートやパートナーシップチャートが作成可能)、Advanced(月13ドル、アドバンスチャートも作成可能)だそうです。いわゆるサブスク(定期購入)方式ってやつですね。とりあえず、僕も早速、導入してみました。

Maia Mechanics - Human Design Software

f:id:crystal0207:20210922181519p:plain

こちらが「Maia Mechanics」版のアドバンスチャート。背景のマンダラや、惑星情報を表示するかどうかも選べます。こちらではBase Orientationも出せるんですが、僕もそこは未知の領域です。まあ、全体的なグラフィックは、同じくJovian Archiveが運営する解析アプリ「My Bodygraph」と似たイメージですね。

f:id:crystal0207:20210922181612p:plain

こちらがダークモード。いや、たしかにちょっとカッコいいけど、これ使うか?

f:id:crystal0207:20210922181742p:plain

また「Maia Mechanics」の売りのひとつとして、基本的なレイヴ・チャートを作成すると、自動的にサイクル・チャート……つまり29歳前後のサターン・リターン(土星回帰)や、42歳前後のウラヌス・オポジション(天王星半回帰)、50歳前後の小惑星キロン・リターン、58歳前後のセカンド・サターン・リターンのチャートも作成されます。

まあ、既存の「Maia Mechnics Imaging」は、いったん購入すれば、その後はお金を払う必要もなく使い続けられます。その「MMI」から、サブスク方式の「Maia Mechnics」に乗り換えてもらいたいなら、いろいろ売りが必要になるわけです。

特に「MMI」はWindowsソフトでしたが、この「Maia Mechanics」はMacスマホタブレット共用のアプリになっており、Macユーザーには朗報なのかもしれません。しかし軽く使ってみた限り、難点もあります。

難点①:作ったチャートがフォルダ管理できません。今まで使ってきた「MMI」では、作成したチャートを「お客様」「2021年(のお客様)」「○○様」のように、ツリー式にフォルダ管理しております。そのデータを「Maia Mechanics」に移行したのですが(移行そのものは簡単)、チャートが全部ひとつのフォルダにまとめられてしまい、しかもスクロール式ではなく、ページ式なので、いちいちページをめくるか、チャート名を検索して出すしかありません。僕の場合、お客様の他に著名人のチャートも多々入っており、全部で1300人ほどのチャートが蓄えられています。1ページ25人ずつ表示されるので、全部で50ページ以上となると、データベースとしては使い勝手が悪いのです。

難点②:印刷したチャートが薄い。画面上ではスタイリッシュに見えるチャートですが、印刷してみると、お客様にお渡しできるモノではありませんでした。もしかすると『いや時代はペーパーレスだ。印刷は前提としていない。チャートはPDFでやりとりして、画面上でタッチペンで書き込めばいい』という思想なのかも。しかし、あいにくですが、僕自身は印刷派なので、その点でも使えないなあと。

まあ、大きくその2点がネガティヴな評価となり、サブスク購入する必要もないし、今までの「MMI」でいいや、という結論です。Jovianもお金が欲しいのかもしれませんが、だったらもっと使えるアプリを開発しないと。7年前に立ち上げた「My Bodygraph」も完全移行するほどではないし、やはり今のところ「MMI」一択かなという気がします。もっと古参のユーザーさんになると『いや昔のソフトは、小惑星キロンの位置も出せたから良かった』とか仰るかも。徐々にダウングレードしてどうする……

 

・ヒューマンデザインの個人フルリーディングを受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.comへご連絡ください。

【日常】秋冬の支度と明治神宮

f:id:crystal0207:20210921173038j:image

魚座満月の今日は、午前中から銀座へ行き、秋冬用のスーツとコートを注文。想定していたよりも予算をオーバーしましたが、シブイ感じの「イギリスのお爺さん」が着ているような生地を選べたので良しとしましょう。出来上がりは10月29日予定なので、11月の対面リーディングから着ていくと思います。

f:id:crystal0207:20210921173048j:image

銀座でお昼ご飯を済ませた後は、日比谷から地下鉄千代田線に乗って明治神宮へ。今日から太陽も秋分のゲートに入ったので、ひとつの節目としてのお参りです。そしてiPhone8の最高画質(4K/60fps)でちょっと撮影。しかし手ぶれてますな……新しいiPhone13 Pro Maxを予約してあるので、それが届いたらハンドルグリップも買おうかな。


f:id:crystal0207:20210921173056j:image

お参りした後は、五反田、戸越銀座、武蔵小山、自由が丘の古書店を回って、武蔵小杉から横須賀線総武線快速で帰宅。あちこち歩き回ったら結構汗を掻きました。そろそろ本格的に秋になってほしいですね……(暑いの苦手)

【ヒューマンデザイン】魚座満月:闇の中の、一筋の光

A young woman looks out her window.

今からのリーディングのご依頼は、2021年12月以降(年内は12月19日まで)となりますのでご了承ください。

明日9月21日08:55、魚座満月となります。今回の月と地球の位置を見ると「感情的な危機」「光が陰る」になります。感情の波は、いろいろな形で変化しますが、この位置では、期待から絶望へと動いていきます。ここでは、未経験のことに対して『それをやってみたら楽しいんじゃないか』『それを経験してみたら上手くいくんじゃないか』という期待が高まっていきます。そのような期待が高すぎる状態で仕事を始めたり、人間関係を始めても、やがて最初の期待は薄れていきます。そうすると気持ちも萎えてしまい『私は、この仕事をずっと続けようと思っていたのに』『あの人と、ずっとつき合うつもりだったのに』という絶望に至ってしまいます。つまり、感情的に期待しても、いずれ衰退は避けられないし、危機は避けられないわけです。

さらに今回の満月を細かく見てみると「闇はいずれ終わる」「闇がいずれ終わるとは思えない」になります。結局、感情は波ですから、いったん絶望しても、いずれまた希望へ向かって高まっていくはずです。『この世は闇だ……』と思っても、いずれ闇は終わるのです。しかし絶望のあまり、そのような一筋の希望まで失ってしまうと『どうせこの闇は終わらないんだ……』という深い悲しみに落ち込んでしまいます。

Depression

もし今回の満月に引っ張られ過ぎると、そのように、あらゆる希望を失い、絶望のどん底に落ち込んでしまうので注意してください。

ここで大切なのは、感情が高まりすぎた時には、仕事や人間関係を始めるのをストップして、いったん気持ちを落ち着かせることです。そのうち最初の期待はおさまり『最初に思っていたほど、良い仕事じゃないかも』『最初に期待したほど、良い恋人じゃなかったかも』という境地に至るでしょう。

そこからまた感情が盛り返し『でもやっぱり良い仕事だと思う』『やっぱりステキな人だと思う』に至り、さらにまた『いやいや、やっぱり止めておこう』に至り、そういった波が、何回も何回も、寄せては返すのです。

そして何回も何回もその波を経験していくうちに、感情があまり高すぎず、低すぎないちょうどいい位置で『なんだかんだ言って、やっぱりその仕事をやろう』『あの人とつき合おう』になるか『やっぱり止めておこう』になるはずです。そのように、ほどほどの感情で、その経験に入っていけば、あまり酷い絶望もしないでしょうし、長く楽しめたり、適度な頃合いで『もういいや』と感じて、その経験から抜けていけるでしょう。

しかし感情がハイ過ぎる状態で経験に入っていくと、落ちる時も大きく落ち込みますし、なかなかその経験から抜けられません。悪くすると『もう一回やれば上手くいくんじゃないか』『今度はこうすれば良いんじゃないか』という、良くない期待がふくらみ、その経験の中を何度も何度もループし続け、抜けられなくなります。

絶望的な感情に支配されないよう、注意したい満月です。

 

・ヒューマンデザインの個人フルリーディングを受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.comへご連絡ください。

【ヒューマンデザイン】共同体とインターネットが失われる未来

Internet

今からのリーディングのご依頼は、2021年12月以降(年内は12月19日まで)となりますのでご了承ください。

今日は、オンラインでの勉強会……と言うより、コロナ禍でなかなかお会いすることもできなかったので、近況報告も兼ねての雑談会でした。

まあ、コロナ禍になってからの1年半、いろいろと変化がありましたが、あらかじめヒューマンデザインを学び、どうせ2027年には変化が来る、人類の数も半分近くに減る、と言われていたので『ああ、これがそうなのか』『やっぱりなあ』と、その変化を受け止めております。僕の周囲でも、このコロナ禍でジタバタしている人は少なく、意外と穏やかに暮らしている方が多い印象です。

もちろん、その一方で、この変化に揺さぶられている人も多いでしょうし、今までの生活や仕事形態を維持しようともがいている方もおられるでしょう。今日の雑談会でも『だんだん二極化が進んできますね』と仰った方がいましたが、ホントそうだと思います。

またヒューマンデザインでは、2027年以降は共同体が機能しなくなる、と言われています。国家、市町村、組織、会社、家族……そういった、お互いに助け合い、支え合う力が失われていくそうですが、これもたしかに納得する部分が多いです。恐らく海外にしろ、日本国内にしろ、ヒューマンデザイン組織も、そのうち機能不全に陥るでしょうし、すでに機能しなくなっている部分もあります。これから先、分裂につぐ分裂を繰り返して、最終的には個々人で活動していくことになるでしょう。ヒューマンデザインの創始者ラーも『弱肉強食の時代になる』『自分のことは、自分で助けなければならない時代になる』と言っているので、誰も頼れなくなるんでしょうね。

さらにラーは『いつまでもインターネットがあると思うな』とも言っています。結局、ネットを維持するにも、組織や人々の支え合いが必要ですが、それも失われたら、オンラインでリーディングしたり、勉強会を開くことも不可能になってしまいます。そのためか、ラーは『将来は、口伝(くでん)=口頭で伝えていく時代に戻る』と言っています。

まあ、2027年になった瞬間に、バツッ!と全世界のインターネット回線がブチ切れるわけでもないでしょうが、ネットやコンピュータの無い世界で、ヒューマンデザインのチャートを出したり(つまり手計算で出す)、それを言葉だけで伝えていくことも、一応想定しておきたいとは思っております。

そして今までの共同体が失われても、これから先、個々人を優先した新たな形の共同体も生まれるでしょう。その時、誰と一緒に弱肉強食の時代を生きていくかも、今からよく見ておいた方が良いかもしれませんね……

 

・ヒューマンデザインの個人フルリーディングを受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.comへご連絡ください。

【ヒューマンデザイン】やりきった経験は、強制的に終わる

f:id:crystal0207:20210918181749j:image

今からのリーディングのご依頼は、2021年12月以降(年内は12月19日まで)となりますのでご了承ください。

今日は、台風が接近する中、午前中から近くのお寺さんで法事でした。そしてその足で吉祥寺に向かい、駅近くの星乃珈琲店でフルリーディング。やはりノード「カリスマ」期間の影響に引っ張られているのか、せわしないんですよね。

さて今日の方は、権威無しの1/3メンタル・プロジェクターさん。すでに別の方から基礎講座LYDは受けられたそうで、あらためて詳しく分析を……ということでした。

今日の方は、安定している部分がマインド(精神)しかなかったため、ついマインドに頼りがちになってしまってもおかしくありません。しかしそのマインドは、他人を導く際には役立つけれど、自分のためには使えないわけです。そこは「権威無し」として、自分の周囲の人たちに、いったん自分の意見を投げてみることが大切ですし、誰に意見をぶつけてみるかも大切です。まあ、絆を断つ3番ラインですので、散々『あの人はダメ』『この人もダメ』と切り捨てた後で、本当に価値ある人だけが残り、そういった方に自分の意見を投げてみれば、自分の中にある、うっすらとした正解が見えてくるでしょう。

The sky's the limit

また今日の方のインカネーションクロス(人生の目的)は「やりきった人生経験を終わらせる」でした。これは3番ラインの「絆を断つ」とはまた別のお話です。今日の方は、マヤ(Maia)と呼ばれる宇宙全体の仕組みについて研究する方でしたが、特に「やりきった人生経験は、勝手に終わる」「やりきった人生経験にそれ以上関わっても、成長はしない」という法則がそのメインテーマでした。

ひとつの人生経験は、10年続くこともあれば、1分で終わる場合もあります。その経験に入って、成長できる伸びしろがあればあるほど、その経験は長く続きます。そしてそれ以上成長しなくなった時点で、その経験には強制終了がかかるのです。

また、権威とストラテジーに従って正しく人生経験に入ると、成長もできるし、正しいタイミングで抜け出せます。しかし不健康(Not Self)な状態で経験に入ると、成長もしないし、なかなか抜け出せなくなります。それも宇宙の、マヤの法則なのです。

実際、今日の方も、お若い頃にお付き合いした男性と、いったん別れたものの、またヨリを戻したら、本当に別れるまでにかなりの時間がかかりました……と仰っていました。そう、いったんやりきった経験に戻っても、もうそこでは何も成長できないし、なかなか抜け出せなくなるわけです。まあ、今日の方は1/3でしたから、そのように痛い目に遭ったり、「間違い(Mistake)」から学ぶことも大切だったんでしょうね。とりあえず、また次の経験へ進むことで、新たに成長できるはずですよ。

 

・ヒューマンデザインの個人フルリーディングを受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.comへご連絡ください。

【ヒューマンデザイン】身近な若者への知性のお世話

Homeschool Fun

今からのリーディングのご依頼は、2021年12月以降(年内は12月19日まで)となりますのでご了承ください。

今日はZoomにて、7月にフルリーディングをお伝えした6/2マニフェスティング・ジェネレイターさんに、あらためて小惑星キロン・リターン(50歳前後の転機)リーディングをお伝えしました。もちろんプロファイル6番ラインですから、この転機からが人生の本番となります。もっとも今日の方は、キロン・リターン前後の7年間をすでに終えられていたので、基本的には答え合わせがメインでしたが、この影響は死ぬまで続きますので、そのあたりのご注意もお伝えしました。

そして今日の方は、生まれた年こそ違うものの、僕と誕生日がほぼ同じで、本来のインカネーションクロス(人生の目的)も一緒でした。そして面白いことに、キロン・リターンのテーマとプロファイルもまったく同じ、「予期せぬ知性のお世話」の2/5だったんですね。まあ、生まれ年が近かったので、キロンのテーマが同じになるのはともかく、プロファイルまで同じとなると驚きですね。

しかも今日の方の場合、42歳のウラヌス・オポジション(天王星半回帰・人生前半・後半の境目)も同じく「予期せぬ知性のお世話」がテーマだったため、39歳から53歳まで延々と、特にご家族の「予期せぬ知性のお世話」に対処されてきたそうです。それは大変だったかと思いますが、とりあえずそれも一段落という時期でしょうか。

今現在50歳前後を迎える僕と同世代の方々は、この「予期せぬ知性のお世話」がキロン・リターンのテーマになっています。特にこの「お世話」は、家族や仲間内にいる若者が対象となりますので、ある意味、今現在は、知的な養育を必要とする若者が多いのかもしれません。僕自身も、年配の方には申し訳ありませんが、やはり自分よりも若い方にリーディングする方がモチベーションも上がるわけです。まあ、なかなかヒューマンデザインを通じて自分を知りたいと感じる若い方は、そう多くはありませんが、これから先も、僕自身のテーマのひとつになっていくでしょう。

そして僕自身のキロン・リターン前後の7年間も、あと1ヶ月ちょっとで終わりです。とりあえず僕自身、6/2マニフェスターとして、40代までの人生(作家業)を捨て、人生の屋根から下りて、新たな人生(ヒューマンデザインのアナリスト)に着地した感はありますし、「平和」も感じています。残りあと1ヶ月、やり残したことがないかどうか、探りながら、人生の屋根から下りる最終段階を楽しみたいと思います。

 

・ヒューマンデザインの個人フルリーディングを受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.comへご連絡ください。

【日常】ぶらり深谷~高崎

f:id:crystal0207:20210916184101j:image

ここ2週間、やはりノード「カリスマ」期の影響なのか、ついついレポート作りとリーディングに追われて働きっぱなしだったので、今日は休養日。東京駅10:09発の高崎線に乗り、一路、深谷へ。なるほど、初めて下車しましたが、これが東京駅似の駅舎ですか。そして街は、この深谷出身の渋沢栄一一色でした。

f:id:crystal0207:20210916184115j:image

なぜ深谷に来たかと言えば、「深谷シネマ」という、蔵を改装した映画館があり、その敷地内にある古書店を探訪しにきたわけです。しかしなかなかの雰囲気。

深谷シネマのご紹介 | 酒蔵の映画館 深谷シネマ

f:id:crystal0207:20210916184127j:image

f:id:crystal0207:20210916184141j:image

店構えもなかなか、品揃えもなかなか。今日は文庫を一冊買っただけでしたが、いずれまた来てみたいですね。探索が終わった後は、深谷からまた高崎線に乗り、終点の高崎へ。深谷=高崎間は約30分ですが、グリーン車に乗って、駅の売店で買ったおにぎり2個を食べて昼飯を済ませるという、いつものスタイルです。

f:id:crystal0207:20210916184156j:image

深谷12:52発、高崎13:20着。高崎に来たのは、なんと26年ぶりです。たしか第一期サラリーマン時代の1995年に、仕事に疲れて有給を取り、沼田市の老神温泉に一人旅に行った際に、途中下車して以来です。今日も、高崎駅周辺の古書店を巡りましたが、当時も古書店を巡ったはず。しかし当時まだインターネットを使っていなかったので、どうやって古書店の位置とか知ったんだろう? いや、そもそも下調べなんてせず、テキトーに歩いているうちに古書店に遭遇したんだろうか……もはやネットが無かった時代のことが分からなくなっているという……

とりあえず今日は、2時間ほど駅周辺を歩き回り、駅ビルに入っているTully'sでお茶して、帰ることに。

f:id:crystal0207:20210916184228j:image

帰りは奮発して北陸新幹線で、しかもグリーン車で東京駅まで戻ることにしました。もちろん往路同様、高崎線で帰れば安上がりで済むのですが、最近、妙に自分のエゴが、新幹線のグリーン車に乗りたがっていたので、だったら乗ってみるかと。高崎16:15発、東京17:12着の「あさま」で帰京です。

f:id:crystal0207:20210916184210j:image

実は新幹線のグリーン車に乗るのは初めてでしたが……なにこの快適さ……ゆったり広々、快適すぎる……だめだ、これを知ったら、普通の指定席に戻れない。よく『いったんランクを上げると、元のランクに戻れなくなる』みたいなことを言いますが、まさにそれ。王様的なマニフェスターには、ぴったりの旅行手段じゃないですか。ああ、だからエゴが乗りたがっていたのね。

そんなゆったりシートに身を沈めて車窓を眺めながら、『これから出張等で新幹線に乗る時は、毎回グリーン車以上で行けるように頑張ろう……』と思った次第です。飛行機ならビジネスクラス。もちろん、グリーン車よりも上位のグランクラス(軽食付き、ドリンク飲み放題)や、飛行機ならファーストクラスという席もありますが、そういった王様的な移動手段も自分に許そうと決心した一日でした。

さて、また明日からリーディングとレポート作り、がんばります。

f:id:crystal0207:20210916184242j:image