NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・プロフェッショナル・アナリスト 市川丈夫のBlog

【ヒューマンデザイン】本当に好きなのか、本当は嫌なのか

Surgery at Soddo Christian Hospital

※今からのリーディングのご依頼は、2021年4月以降となりますのでご了承ください。

今日も、Zoomにてフルリーディングをお伝えしました。

今日の方は、仙骨権威の2/4マニフェスティング・ジェネレイターさん。現在、医療関係にお勤めだそうですが(コロナ渦の中ありがとうございます)、緊急な呼び出しもあり、もちろん生命に関わることでもあり、その責務が重荷になってきたので転職を考えていると。そこでチャートを拝見すると、意志力はまったく無かったため、重荷を背負えるデザインではありません。この意志力は、心臓と関連していると言われていますが、実際に以前、動悸が激しくなったこともあるそうで、恐らくかなりのプレッシャーがかかっていたのでしょうね。プロファイル2/4も、ゆるふわな生き方が合っているので、できればもっとユルいお仕事に就かれた方が良いかと思います。 

ちょうど先日も、責任の重い医療職から離れた方がリーディングにいらっしゃいましたが、このコロナ渦で、医療従事者の皆さんにも、今まで以上の負担やプレッシャーがかかっているかと思います。今までこなせていた職務も、急に負担に感じたり、本当は好きな仕事ではなかったと気づいた方もおられるのではないでしょうか。

今日の方は「自分が本当は何が好きかよく分からない」という感情がメインテーマでした。ヒューマンデザインでは、2027年まで人類の感情は眠っている、だからそれまでは、自分の本当の気持ちに気づかないと言われています。しかしこのコロナ渦で、激しく感情を揺さぶられるような境地に至って、ようやく負担の大きい医療職は向いていないと気づかれたのかもしれませんね。 

さらに先日「2番ラインは、自分の才能が分かっていない」「向いていない才能に憧れる」可能性があるとも書きました。今日の方も、医療職は好きだと思っていたのに、いざ入ってみると、上手くこなせないことに気がつかれたようです。特に今日の方は、デザイン的に「家族や仲間内のお世話」のゲートを欲しがる構造でもありました。だからこそ、ついつい「お世話」的な仕事に就いたのかもしれませんが、やはりそこは追い求めなくてもいいのでしょう。あくまでも、2/4的なゆるふわの、負担のない方向へ進んでいただきたいところです。

しかしこうして見ると最近、自分の仕事について、本当に好きなのか、本当は嫌なのか、意識を新たにしている方ばかりがリーディングにいらしてますね。2027年以降、自分の本当の気持ちに気づくという時代的なテーマも、すでに前倒しでやって来ているのかもしれません。ある意味、コロナ渦という未曾有の災害によって人類全体の感情が揺さぶられ、本当の気持ちが目覚めさせられているのでしょうか……?

 

 ・ヒューマンデザインの個人フルリーディングを受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.comへご連絡ください。

【日常】早稲田穴八幡とアラン・シェリーカスク

f:id:crystal0207:20210305170609j:image

今日も、午前中にリーディングレポートを1本完成させ、お昼から池袋へ。三省堂の古本まつりに行きましたが、特に買い物は無し。まあ、一昨日の練馬でヒットがあったので、すぐまた出物には巡り会わないでしょう。そのまま山手線で目白に行き、駅近くの目白田中屋さんでウイスキーを1本購入。さらにまた山手線に乗って、高田馬場に移動し、神田川沿いにぶらぶら散歩してきました。高田馬場にも古書店街はありますが、今日はまるっとスルーしてしまいました。 

f:id:crystal0207:20210305170625j:image

今日は曇りがちでしたが、こういう冬枯れを味わえる日が好きなのです。 

f:id:crystal0207:20210305170635j:image

ぶらぶら歩くうち、早稲田の穴八幡様まで来たのでお参りに。 

f:id:crystal0207:20210305170645j:image

ずいぶん久しぶりだなあと思ってBlogを読み返したら、6年前のPTL(プロフェッショナル・トレーニング)3の時に来て以来かもしれません。あれからずいぶん経ったなあ…… 

f:id:crystal0207:20210305201544j:image

で、目白田中屋さんで買ったのは、アランのシェリカスク。アルコール度数55.8%なので、僕が今まで飲んだ中では一番度数が高い一本です。早速、ストレートで味見してみると、香りや味わいは好みでしたが、さすがにアルコールの刺激が強かったので、ロックに変更。うん、やはり少し加水した方が飲みやすいし好きですね。でもお湯割りの方が良いかも。ちなみにAmazonだと一本9000円前後ですが、今日は6000円弱で購入できました。6000円でこれならかなりイイんじゃないかと。 

 

【ヒューマンデザイン】関本典子さんの震災後10年

f:id:crystal0207:20210304184752p:plain

昨日、ヒューマンデザイン仲間の関本典子(3/5感情マニフェスティング・ジェネレイター)さんから『今日NHKに出ます』的な連絡がLINEグループにありました。「クローズアップ現代」で、震災から10年経った今を追う「原発7キロの喫茶店 福島・大熊町 流転と再会の10年」という回でした。

埼玉県生まれの関本さんが、福島県の梨農家にお嫁に行かれ、そこで東日本大震災原発事故をご経験された後、千葉県に引っ越されて農業を続けられているものの、転居後、ご主人を亡くされた……という話は、お聞きしていたのですが、こうして番組として拝見すると、たしかにタフで厳しい10年間だったのだなと再認識しました。

もっとも、関本さん御自身はいつも明るく、その御苦労を感じさせないお人柄なんですが、さすが打たれ強い3番ライン、いったん凹んでも、また立ち直る回復力(レジリエンス)があるのだなあとも感じました。まあ、僕自身も関本さんに接する時は、特に腫れ物に触るようなこともせず、3/5感情マニジェネらしいドタバタした感じに『いや、もうちょっと落ち着きなさいよ』とか言うのですが、そういう関係性で、これからもヒューマンデザインの先輩としてフォローしていくことになりそうです。

そういや関本さんは『いずれカフェをやりたい』とも仰ってましたが、その言葉の背景にも、そういった事情や歴史があったんですね。実際、関本さんに合っている環境を見ると「人々が集まったり、人の流れが見える活気のある場所」と出るので、たしかにカフェ経営とか合っているかもしれません。もっとも関本さんのことだから、コーヒー淹れる仕事よりも、お客さんとのおしゃべりに夢中になりそうな気もしますが……(^_^;)

関本さんの最近のご活動は下記Blogに、それ以前の旧Blogには震災当時の記録も残されているので、そちらもご参照ください。

【ヒューマンデザイン】あくまでもユルい「お世話」

Haydom Hospital

※今からのリーディングのご依頼は、2021年4月以降となりますのでご了承ください。

今日は、3月最初のフルリーディング(Zoom)でした。

今日の方は、1/3ピュア・ジェネレイターさん。すでに数年前、他の方から基礎講座LYDを受けられたそうですが、今回はより詳しくということでご依頼を頂戴しました。

今日の方は、もちろんジェネレイターなので働き者ですし、ガッツや根性もあり、それでいて直観もあるため、頑張って働けるけれど、倒れるまでは働かないだろうというデザインでした。ただ、意志力は不安定だったため、あまり責任感の重い仕事は、負担になるはず。実際、以前は医療関係にお勤めだったそうですが、生命を扱うという責任感や重荷が心苦しくなり、今では別のお仕事に移られたと。たしかに、あくまで気楽なお仕事で頑張れるデザインなので、それで宜しいかと思います。

baby

ただ、今日の方のチャートを拝見すると「家族や仲間のお世話をする」というチャネルがつながっていました。しかもこのチャネルに、インカネーションクロス(人生の目的)にも関わる地球が入っていたため、かなり大きなテーマになっているはずです。

とは言え、そのチャネルだけを見て『あなたは、家族や仲間のお世話をしなきゃだめよ』とか『それがあなたの才能であり、天命なんだから、活かさないとだめよ』などと言うつもりはございません。そういうことを言いがちな人もいますけどね。

今日の方の「お世話」のチャネルを、より細かいラインレベルで見ると「自分で自分の面倒も見れない」「家族や仲間内の価値観を堕落させる」という組み合わせでした。これ、むしろお世話する力は無いし、善悪の判断もかなりユルいことになります。それでも、誰かの「お世話」することになったら、あくまで気楽に、ユルくやることが前提となるでしょう。たとえばジェネレイターとして『お世話してもらえますか?』と訊ねられたら『うん、私のお世話はユルいけどね』と言って引き受けたり、『うう~ん、私はお世話できないのよね』と言って断るかなと。

「お世話」のチャネルがつながっている場合、お世話したり、お世話しなかったりするので、必ずお世話しろという話でもないのです。どちらにしても「お世話」というテーマと出会うというだけの話ですから、自分にとって無理な「お世話」は断ってもいいし、手を出さなくてもいいんですよ。

まあ、そこでお世話できるか、できないかという判断も、結局は仙骨の反応に頼るわけですが、より細かいラインレベルの情報を知っておくと、ひとつの目安になると思いますし、お世話するにしても、あくまでユルくていいんだなと分かっていると、自分がする「お世話」のイメージも明確になるでしょう。

チャネルは、2つのゲートを組み合わせた以上の生命力(ライフフォース)となりますが、そのゲートのラインと惑星まで見ないと、その人個人のチャネルの性質は読み解けないと思います。たとえ2人の人間が、それぞれ同じチャネルがつながっていても、ラインと惑星が異なれば、その表れ方も違ってきます。その自分独特のチャネルの表れ方を知っておくと、より深く、自分を理解できるのではないでしょうか。 

 

 ・ヒューマンデザインの個人フルリーディングを受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.comへご連絡ください。

【夢日記】雪が無い、日光駅と王子駅、口伝の時代、八幡様

Dreaming

1月後半からの夢を記録していなかったけれど、あまり強烈な夢は見なかったように思う。それこそ水瓶座ステリウムだ、風の時代だという割には、それを匂わせるようなインスピレーションも下りて来なかったなあと。

1月18日夜の夢。僕は雪山にいたが、周囲の人たちは『今年は全然雪が無い』と言う。夢の中の「雪」は「平和やリラックス」。僕自身は平和だけれど、周囲の人たちには平和が無い(見えてない)ってこと?

1月22日夜の夢。やけにごちゃごちゃした家に入り、家具の間に置かれたトイレを使おうとした。どこかで誰かが『ビジネスチャンスはどこにでもあるよ』と言うのが聞こえた。夢の中の「トイレ」は「解放、手放し、許し」。

1月23日夜の夢。これも、誰かが『自分がいない時に、自宅に誰かがいると死にたくなる』と言うのが聞こえた。なんだろうね。

2月1日夜の夢。僕は、日光駅にいて、次の電車が来るのを待っていた。しかしボーッとしている間に、いつの間にか電車が発車していた。夢の中の「電車」は、組織内での仕事上のチャンス。まあ、現時点なら、組織の仕事は見送ってもいいかな。遊びなら、また日光に行きたいなあ。

2月7日(誕生日)夜の夢。僕は、上司と打ち合わせをしていた。上司は、これからの仕事を、僕か、もう一人の人に任せたいと言う。でもそのもう一人の人が、凄い剣幕で僕を睨んでいる。ああ、俺に仕事を取られたくないんだなあと思ったら、すっかりやる気が無くなった。……うん、まあ、そうだよね。

2月16日夜の夢。僕は、電車の中で、ヒューマンデザインの勉強会を開いていた。そのうち車内アナウンスで『このまま王子駅へUターンします』と言う。……うーん、王子か。実際、何度もあそこでヒューマンデザインを学ぶ機会や、教える機会もあったけれど、またあそこに行くことになるのかな。

2月21日夜の夢。またどこからか『みんなバラバラなのが良い』という声が聞こえてきた。そして見知らぬ女性が、泣きわめきながら近づいてきて、僕のせいだ、僕のせいだと詰め寄ってきた。僕は『いや、お前の中の不満が爆発してるんだろ』と言い返すと、その女性は、しゅんとなった。

2月25日夜の夢。僕は、女性を宿泊しているホテルまで送っていくところだった。そのうち僕はなぜか『これからは口伝の時代だよ』と言った。書物や記録ではなく、言葉で伝えていく時代。ちなみにこれ、ラー・ウル・フーもそう言ってます。

2月28日夜の夢。僕が、自宅から外に出ると、外は闇夜で、叔母が2人来ていた。僕らは連れだって歩くうち、長い上り坂にさしかかった。叔母が『そっちは遠回りよ』と言ったが、僕はその、竹藪の間を抜ける坂を上っていた。その先には、八幡様があり、大きな鳥居をくぐった。丘の上に出ると、なぜか闇夜は晴れていて、白夜のように明るかった。「坂を上がる」は、正しい方向に進むこと。ただしそれには時間がかかる。でも「神社=聖なる場所」には行けると。 

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

 

 

【ヒューマンデザイン】乙女座満月:家族と離れて休む

rest

※今からのリーディングのご依頼は、2021年4月以降となりますのでご了承ください。

明日2月27日17:17、乙女座満月となります。今回の月(と地球)の位置を、ヒューマンデザインのホロスコープ上で見てみると「孤独になって、意志力を休ませる」にあります。ここは、家族や仲間と協力し、支え合うチャネルの一部です。昔ながらの夫婦形態で言うなら『俺は外へ仕事へ行ってくる』『私は家事をやる』というような役割分担であり、職場や仲間内でも『私はこれをやるから、あなたはそれをやってね』という取引でもあります。この役割分担や取引は、決してイーブン(公平)とは限りません。しかし家族だからそれでもいいよ、仲間だからそれでもいいよ、と言えるような、友情のある人間関係なら成立するものです。

しかし、24時間ずっと支え合うのも疲れてしまいます。いつも家族や仲間のために働いてくれているお母さんも、お父さんも、同僚も、上司も、一人になって休む時間が必要です。今回の満月は、そのような、家族や仲間のために働いている人が休む位置なのです。

さらに細かく見ると、今回の満月は「休むために、機能的に仕事をする」です。まあ、今日も金曜日ですが、週末、心置きなく休むために、きっちり仕事を片づけておくようなものですね。僕もちょうど、今月中にやるべき仕事は終わり、確定申告も済ませ、今週末はホッと一息、ノンビリする予定です。まさにこの満月の通りですね。

Crash Cart

しかしこの満月が逆に作用すると「家族や仲間のために、休まずに仕事中毒になる」となってしまいます。今回の満月のゲートは、家族や仲間のために働き、褒められたがるゲートです。家族や仲間から『いつも働いてくれてありがとう』と言われたいがために、馬車馬のように働いてしまうので注意が必要です。そしてせっかく休みを返上して働いても、家族や仲間が褒めてくれないと、家族や仲間への愛が憎悪に変わり、『どうして俺の働きを認めてくれないんだ!』と言い出してしまうのでご注意を……

 

 ・ヒューマンデザインの個人フルリーディングを受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.comへご連絡ください。

【ヒューマンデザイン】身体を慈しみながら招待を待つ

Relax

※今からのリーディングのご依頼は、2021年4月以降となりますのでご了承ください。

今日も、Zoomにてフルリーディングをお伝えしました。

今日の方は、感情権威の2/5エネルギー・プロジェクターさん。労働する生命力は無いけれど、根性で働けてしまうので、究極の奴隷にされがちなデザインでもあります。実際、以前は結構がんばってお勤めをされていたそうですが、身体が保たなくて辞めてしまったと。今は、個人で起業されているものの、お客さんに来て欲しい反面、あまり仕事が多くなると疲れるという、ワークライフ・バランスが課題のようです。

今日の方の場合、人生のメインテーマも「女王様」のゲートだったので、さらに労働向きではありません。以前も書きましたが「女王様」のゲートは『お金が無くなったら、税金を上げればいい』といって、労働せずにお金を得ることがテーマです。今日の方は、プロジェクターとしても労働するタイプではありませんし、メインゲートも「女王様」なら、これはもう完全に、働かずに生計を立てることが大きなテーマとなってくるでしょう。

でも、こういう方に限って一生懸命、根性を出して働いてしまうんですよね。そうすると周囲からも『あの人は働き者(ジェネレイター)だなあ』と認識され、労働するための招待や呼び出しが来てしまいます。それを引き受けると、奴隷にされてしまうので、そこは感情が落ち着くまで待って、正しい招待や呼び出しを見極めていただきたいなと。

また今日の方の場合、「肉体愛」が人生のルールとなっていました。ここで言う「肉体愛」とは、セクシャルなものではなく、自分の肉体を大事にしなさいという意味です。しかし労働するデザインではないのに、無理して働いてしまうと、身体も疲れてしまいます。そうなると、自分の肉体が荒廃し、良くない招待を引き寄せてしまいます。ですので、まずは御自分の身体をいたわり、たまにはエステやマッサージに行って、肉体が健康的になれば、良い人や、良い仕事からの招待がやって来るでしょう。

今日の方も、やはりプロジェクターとして『本当に招待は来るのかしら?』という疑問をお持ちでした。しかし、忙しく働いているプロジェクターや、くたくたに疲れているプロジェクターには、正しい招待はやって来ないでしょう。あくまで「女王様」として、自分の肉体を慈しみ、自分の才能を磨きながら、自然と正しい相手や、正しい招待がやって来るのを待っていただきたいのです。 

 

 ・ヒューマンデザインの個人フルリーディングを受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.comへご連絡ください。